「穴子でからぬけ」


 
あらすじ 与太郎さんがなぞなぞで、源さん賭けをしようという。与太郎では相手にならずつまらないので乗り気でない源さんに、与太郎は始めは十円の賭けという。それなら与太郎から金を巻き上げられると源さんもOK。

与太郎 「真っ黒で大きくて、角が2本、足が4本で、モーッモー鳴くもの、なんだ」

源さん 「牛に決まってんだろ」で、与太郎の負け。

次は与太郎 「ワンワン吠えて、小便する時、片足を上げるもの」

源さん 「犬だ」で与太郎の連敗。

与太郎は今度は二十円に上げて、「ニャーニャーないて、ネズミを追っかけるもの」、「猫だよ」、「当たり―」、

与太郎 「真っ黒で、七つの子があって、カァーカァー、鳴くもの」

源さん 「おい、大丈夫か、カラスだよ」 もうそろそろ降参して止めるだろうと思っていた源さんに、今度は一挙に五百円に吊り上げて、

与太郎 「長いのもあれば短いのもある。太いのもあれば細いのもあって、つかむとぬるぬるするもの、なーんだ」

源さん 「この野郎、誰の入れ知恵だ。俺がヘビと言ったらウナギ、ウナギと言ったらヘビと言うんだろ」

与太郎 「両方言ってもいいよ」

源さん 「じゃあ、ヘビとウナギだ」

与太郎 「へへ、穴子でからぬけだ」で、源さんはまんまと五百円取られてしまった。

 味をしめたのか与太郎「長いのもあれば・・・」と、今のと同じなぞなぞを出す。

源さん 「ヘビに穴子にウナギだ」

与太郎 「へへへ、残念、今度はズイキの腐ったんだ」



   
        



ズイキ(芋茎)
肥後ずいきなんてのもある。




表紙へ 演目表へ 次頁へ