「道灌」   立川談志

 
あらすじ★ 八五郎が隠居の家にある太田道灌の絵の説明を聞く。
道灌が狩に出かけにわか雨に遭い、雨具を借りにあばらやに入ると娘が山吹の枝を捧げる。
「七重八重花は咲けども山吹のみのひとつだになきぞ悲しき」という古歌に、実と箕のをかけて雨具のないことを断ったのだが、道灌は分からず家来から説明される。
道灌は歌道にくらいことを嘆き、のちに大歌人になったとの故事だ。

八五郎は歌を書いてもらい、雨具を借りに来たらこの歌で断ろうと家に帰る。
都合よく雨が降ってきたが、友達が雨具ではなく提灯(ちょうちん)を借りに来る。
無理やり友達に「雨具を借りに来た」と言わせ、歌を見せる。

友達 「なんだ、これは都々逸(どどいつ)か」

八五郎 「お前もやっぱり歌道に暗えなあ」

友達 「かどが暗いから提灯借りに来た。」


      


 
★見聞録★
  昭和60年の「ビヤホール名人会」から録音したものを聞きました。
この噺は、談志と桂文治の二つだけしか収録していませんでした。
なぜ少ないのかと思っていましたが、やり手の少ない理由を談志が落語の中で語っていました。
ひとつは前座噺であること。もうひとつは「賤の女(しずのめ)」というタブー語が出てくるからだそうです。

談志は枕の部分で、前座の話しや自分の修行時代のことも話しました。
何人もの師匠の所へ教わりに行ったそうです。
落語の本筋に入ってからも、談誌独特の毒舌と軽口が飛び出します。
それも面白いのですが、少し多過ぎた気もします。短い噺なのである程度しょうがないと思いますが。

 太田道灌に、やまぶきの枝を捧げた娘のその後*
新宿区新宿6丁目の西向天神社の中の大聖院に紅皿(道灌に山吹を捧げた娘の名)の墓と伝えられる「紅皿の碑」があります。
碑の前の新宿区教育委員会が設置した説明板には、次のように記されています。
「道灌は紅皿を城に招き歌の友とした。道灌の死後紅皿は尼となって大久保に庵を結び、死後この地に葬られた。」

古今亭志ん生の『道灌【YouTube】
   大聖院内にある紅皿の碑 《地図
 
 山吹之里碑(面影橋のそば)
地図

埼玉県越生町にも「山吹の里」がある。
太田道灌と山吹伝説

山吹の里」(『江戸名所図会』)
   川越城大手門跡(現川越市役所)
の太田道灌像 《地図
   日暮里駅前の太田道灌像




演目表(1)へ    表紙へ    次頁へ★見聞録和