「岸柳橋」


 
あらすじ 御厩河岸から渡し舟に乗り込んだ若侍。景色を眺めながら吸っていた煙管を舟縁でポンとたたくと雁首がはずれて川の中に沈んでしまった。若侍はよほど煙管に愛着があるのか、諦め切れずに川面を睨んでいると、よせばいいのにくず屋が商売気を出して、不用になった吸い口を売ってくれと持ちかけた。

 「何を言うか、無礼者!」と怒った若侍は雁首と同じに、くず屋の首を打ち落とすと刀を抜いていきり立つ。くず屋は震えながら平伏してあやまるが、若侍はおさまらない。舟中の者はくず屋を可哀そうとは思うが、へたに口出しすると藪蛇で、こっちに鉾先が回って来そうなので黙っているしかない。

 すると(とも)の方から老武士が、くず屋の無礼をわびて、助命を申し出た。若侍は一向に耳を貸さずに、今度は老武士を侮って真剣勝負をしろとせまった。断っても聞かない若侍に老武士は、「舟の中では他の者の迷惑となるゆえ、向こう岸に着いてからお相手いたそう」、若侍も異存はない。舟の連中は自分たちに被害がおよぶ恐れがなくなりひと安心で、どっちが強い、どっちが勝つで賭けも始まった。

 若侍はやる気満々で、舟が岸に着きかけると、ひらりと岸に飛び移った。これを見た老武士は槍の石突きで岸を突いたから舟と岸の間は開いた。老武士「船頭、馬鹿者にかまわず舟を返せ!」 

 予想外の展開にうろたえる若侍に舟内の連中は、言いたい放題の悪口雑言、罵声を浴びせ盛り上がっている。すると若侍は裸になって小刀を背負って川へ飛び込んだ。舟の連中は、若侍は小刀で舟底に穴を開け、川の中で皆殺しにする魂胆だと戦々恐々となった。

 老武士は少しも動ぜず舟の中のざわつく者をたしなめ、槍を小脇に川面を見つめていると、舟の(へさき)近くに若侍が浮き上がった。

老武士 「その方、我にたばかられたのを遺恨に心得、舟底でもえぐりに参ったか」

若侍 「なあに、さっきの雁首を探しに来た」


              「御厩川岸より両国橋夕日見」(富嶽三十六景・北斎)       




くず屋



古今亭志ん生の『岸柳島【YouTube】




「浅草川首尾の松御厩河岸」(名所江戸百景・広重)



巌流島(船島) 左端向こう 「説明板
手向山公園の展望台から (『門司往還』)



厩橋から駒形橋(隅田川)





表紙へ 演目表へ 次頁へ