「不動坊」  笑福亭仁鶴

 
★あらすじ★ やもめ暮らしの利吉のところへ長屋の家主が訪ねてくる。
嫁をもらわないかという話だ。長屋に住んでいるお滝さんの亭主の講釈師、遊芸稼人不動坊火焔が地方巡業先でチブスで死んだという。
骨を引取りに行ったりした費用がかさみ、借金が35円。
お滝さんはこの借金を結納代わりに払ってくれる人のところへ縁づきたいという。
利吉もお滝さんのことは、以前からまんざらでもなかったので、二つ返事で喜んで嫁をとることにする。

今晩からお滝さんが来てくれるというので、小ぎれいするために風呂に行く。
家の内からかんぬきを掛け、鉄びんをぶら下げて行く舞い上がりようだ。
洗い場で一人でお滝さんとのやりとりや、長屋の残りのやもめ三人の悪口などをしゃべり始める。
これを聞いたのが、徳さん。鰐皮の瓢箪の顔のようだといわれ、利吉に詰め寄る。利吉はその場をなんとか取りつくろい、そそくさに風呂から上がってしまう。

おさまらないのが徳さんだ。長屋に帰り、やもめ仲間のゆうさん、新さんを集め利吉に仕返しをしようと相談を始める。
今夜、不動坊火焔の幽霊を出し、二人をおどして髪をおろさせ坊主にして、あしたの朝、皆で笑ってやろうという趣向だ。
幽霊役には、不動坊の留守中にお滝さんを口説いて、ドンとはじかれた講釈師の軽田胴斉を引っ張り込むことにする。

幽霊を出す時の大鼓、幽霊火のアルコールなどの段取りをつけ、雪がちらつく中を出かける。
利吉の家に梯子を掛けて上り、天窓から幽霊役の胴斉を腰からふんどしを5、6本つないで降ろす。
ここでアルコールの幽霊火が出るはずだが、アルコールをアンコロと聞き間違った、ゆうさんがビンにあんころを詰めて買ってきたので幽霊火は出ない。
徳さんからぼろくそに言われたゆうさんも徳さんに言い返し、屋根の上で内輪もめが始まる有様だ。

途中で宙吊りになったままの胴斉は、ふんどしが腹に食い込み痛がる。
仕方ないので太鼓だけ打って、幽霊を下に降ろす。
決まり文句の恨みことばを言う幽霊の胴斉。
恐がるお滝さんをかばい、利吉は言う。お前が死んだ後、ちゃんと仲人を入れて一緒になった二人だ。ましてお前の残した借金の35円は誰が払ったのかと。
これを聞いた幽霊の胴斉はたじたじで返す言葉もない。
そして、利吉は金で話をつけようと一人前5円、4人で20円で手を打つことになる。

金を受け取った幽霊の胴斉は金勘定をし、二人にいく久しゅう睦まじくなどと言っている。
これを見ていた屋根上の連中は急いで幽霊を引上げようとふんどしをたぐる。
結び目が天窓の角へ食い込み、ほどけてしまう。上の三人は地面に、幽霊は利吉の家の中に落っこちる。

利吉 「なんじゃお前は。」

幽霊(軽田胴斉) 「隣裏に住んでおります軽田胴斉という講釈師」

利吉 「講釈師、講釈師が幽霊のまねして銭取ったりするのんか。」

幽霊(軽田胴斉) 「へえ、幽霊稼人(遊芸稼人)でおます。」




桂枝雀の『不動坊【YouTube】


 
★見聞録★
 平成元年のNHKテレビ「演芸指定席」での噺です。東京では、「不動坊火焔」の題で演じられます。幽霊が出ますが噺の設定は冬から春先です。
落ちにも出てくる「遊芸稼人」とは、明治になり芸人は鑑札料を払い鑑札をもらはないと営業ができず、その鑑札に「遊芸稼人」と書いてあったそうです。

悪口を言われた仕返しとやっかみ半分で、利吉とお滝さんを不動坊火焔の幽霊で脅かそうとする長屋のやもめ連中や、講釈師の軽田胴斉などは落語に常連の登場人物ですが、幽霊が出てもしっかりお滝さんをかばい、幽霊ときちんと応対する利吉は珍しい人物なのでは。これが風呂屋で浮かれていたのと同一人物かと疑うほどです。
家主がお滝さんを世話し、お滝さんもすぐ利吉のところへ縁づいて来るのですから、それなりの人物だったのでしょう。
ただ、利吉はコツコツと働いて貯めた金を貸しているそうで、名前もそれに由来するそうです。

お滝さんの方は落語の中で直接話す場面はありませんが、器量がよく、どこか品があり、つつましい女性のように仁鶴の噺の中からうかがえ好感が持てます。火焔を背にした不動明王をまつった所には「不動の」など滝が多く、不動坊火焔の女房の名をおにしたのも巧みです。

仁鶴は以前はテレビのいろんな番組に出ていましたが、最近は落語重点の活躍のようです。今も若く見えますがもう70才近くです。
上方落語の重鎮として元気でいて、あの独特の語り口を聞かせてもらいたいものです。





演目表(1)へ    表紙へ    次頁へ