「居酒屋」  三遊亭金馬(三代目)


 
★あらすじ★ 縄のれんを頭で分け居酒屋へ入ってきた客。醤油樽に腰掛け、店の小僧をからかいながら酒を飲み始める。

  「小僧さん お酒持ってきておくれ」
小僧 「へーい お酒は澄んだんですか、濁ったんですか」

  「おい、お前は人のガラを見るね。濁ったのなんか飲めるかよ、澄んだんだよ」
小僧 「へーい 上一升」

 「おい、ちょっと待てよ。一合でいいんだよ」
小僧 「へい、これは景気でございます」

酒が出てきて、小僧に勺をさせ飲み始める。
 「なんだかすっぱいね、この酒は。辛口、甘口の酒は随分飲んだけど、酸っぱ口の酒てのははじめてだ」
小僧 「名前があります」

 「何て言うんだ。甲正宗 頭にくるような名前だな」
小僧 「お魚、何にしますか」

 「何ができるんだ」
小僧 「できますものはつゆはしらたらこぶあんこうのようなもの、ぶりにおいもにすだこでございます エーイ」

 「おっそろしく早いな、しまいのエーイだけ分かった。真ん中の方はさっぱり分からねえ。ゆっくりもう一度やってみろ」
小僧はゆっくり繰り返す。
小僧 「今申したものは何でもできます。何にいたしますか」

 「今言ったものは何でもできるのか。じゃあすまないが、ようなものを一人前持って来い」
小僧 「そんなものできません。」

 「今、言ったじゃねえか。もう一ぺんやってみろ」
小僧 「できますものはつゆはしらたらこぶあんこうのようなもの・・ へへえ、これは口癖ですよ」

 「口癖でもいいから一人前持って来い。」
小僧 「壁に書いてあるものなら何でもできます」
 「一番最初の口の上てのは何だ。」

小僧 「口上です」
 「ああ、口上か、口上一人前持って来い」

小僧 「そんなものできません。その次ぎから何でもできます」
 「その次ぎ、何だい とせうけ てえのは、食ったことがねえな」

小僧 「どじょう汁です。肩の所に濁りがうってあります。いろは48文字濁りをうてば皆、音が変わります」
客は、い・ろ・ま・ぬ・などに濁りをうって言ってみろとからかい、小僧が真赤な顔で苦労するのを面白がる。
小僧 「棚に並んでいるものなら何でもできます。」

 「ぶる下がっている大きな口の魚は何だ。」
小僧 「あんこうでございます。鍋にいたしましてあんこう鍋」

 「その隣にしるし半纏着て、出刃包丁持って考えているのは何だ」
小僧 「あれはうちの番頭でございます。」

 「あれ一人前こしらえて来いよ。番こう鍋てえのをこしらえてくれ」

 収録:昭和63年1月
NHKラジオ「語り芸の世界」


       


 
★見聞録★  「金馬節」の分かり易い落語です。この噺は落語が下火だった時にレコード化され大ヒットするほどの人気を得ました。両面で6分ほどのSP盤だったそうです。
元来は「ずっこけ」の前半の部分ですが、金馬が一席物に仕上げました。居酒屋と言えば金馬で、今は現金馬もやりますが、先代の語り口が耳についてなかなか難しいと語っていました。

三遊亭金馬(3代目)は東宝の専属となり、東宝名人会など東宝系以外の寄席には上がらなかったそうです。
薮入り」「孝行糖」など面白く、聞きやすい落語でしたので子どもの頃はずいぶんラジオで楽しみました。

小僧をつまみにしてからかいながら酒を飲む客ですが、何も食べずに4杯(合)目に入っています。これでは体に良くないと、今回は余計なことを考えて聞いてしまいました。



桂文朝の『居酒屋【YouTube】







演目表(1)ヘ    表紙ヘ    次頁ヘ