「滑稽清水」

 
あらすじ 按摩沢の市の家に徳兵衛さんがやって来る。
徳兵衛 「お里さんは留守かいな?」

沢の市 「今、風呂に行ってますがな」

徳兵衛 「留守ならちょうどよかった。お前の耳に入れておきたいことがあんねけどな。・・・やっぱり止めとこか」

沢の市 「何でんねん、今さら止められたら気になってしょうがおまへんがな」

徳兵衛 「そうか、そならはっきり言うてしまおう。お里はんがなぁ、男を作ってる、間男しとるちゅう話聞いたんや」

沢の市 「そんなアホな、そんな冗談・・・、うちの嬶(かかあ)が間男て、そんな馬鹿なことおますかいな」

徳兵衛 「しかし、町内で知らぬは亭主ばかりなりてなことも言うがな」

沢の市 「ほな、お里が間男してる相手は誰でんねん?さぁ、誰でんねん」

徳兵衛 「言いにくい話やが・・・、お前と仲のええ、馬の助や」

沢の市 「もうこれで嘘やと分かった。馬公とわたし、兄弟の契り結んでまんねん。♪”親の血を引く兄弟~より~も”・・・固い絆で結ばれてますのんや」

徳兵衛 「お前がそう思てんねやったらそれでえぇ。ほな、わしこれで帰るさかい、くれぐれも用心しい・・・何かあったらわしのとこへ相談に来いや」

 一人になって沢の市、お里さんはなかなか帰って来ないし、仏の徳兵衛さんが冗談で間男話をするはずもないと、だんだん冷静になったのか疑心暗鬼がつのって来たのか、ついには「馬鹿にしやがって、目が悪い人の目え盗んでお里のやつ間男しやがって・・・」という結論に達した。

 この目さえ開いてたらすぐに仕返しがでけんのにと、清水の観音さんへ目開き祈願の日参を始めた。

 一方のお里さん、亭主が毎日、どこへ行くとも言わずに出掛けて行くのが気になって来た。馬の助に、
お里 「あんたとわてのことがうちのんの耳にでも入ったんやないやろか。すまんけどな、今行ったとこやさかい、二人であと付けて行って、何しに行ってるのか調べに行こ」

馬の助 「そんなん、もう恐お~て・・・、もう帰らしてもらう」と、逃げ腰なのを引っ張って沢の市の後を追って行ったのが清水の観音。

沢の市 「目を開けてください、目を開けて仕返しをさしてください」と、一生懸命に拝んでいる。

馬の助 「あぁ、えらいこっちゃ、目が開いたらどなんしょ・・・」と、うろたえるばかり。

お里 「こっちもあの人の目がどおぞ開かんようにしとくなはれってお願いするしかないがな」、これから毎日、三人の祈願合戦が始まった。

 さあ、いよいよ満願の日、やっぱり観音さんは沢の市にご利益を授ける方が道徳的、世間体もいいと考えたのか。いや満願の日が早く来ただけなのだろう。観音さんは沢の市の目を開けてくれた。
沢の市 「おぉ~っ! 開いた開いた目が開きよった。見える、見える! ありがとうございます。これで二人に仕返ができます」 と、ぐるりと回りを見渡すと、端の方で二人連れ(お里と馬の助)が一生懸命拝んでいる。

沢の市 「あぁ、よその夫婦は仲がええなあ」







清水寺







表紙へ 演目表へ 次頁へ