「猫の皿」  柳家小三治

 
★あらすじ★ 江戸の道具屋田舎に掘り出し物を探しに出かけた。たいした収穫もなく江戸へ戻る途中の茶店で休みをとる。
麦茶にとうもろこしなんかを食べていると、縁台の下で猫が飯を食べているのに気づく。よく見ると猫の皿が、高麗の梅鉢茶椀で300両は下らない代物だ。

茶店の爺さんは知らずに猫の皿にしていると思い、なんとか梅鉢茶椀をまきあげてやろうと、道具屋は猫好きを装い、猫を膝に上げ抱いてかわいがり、ふところにも入れての猫可愛がり、気に入りようにふるまう。
そして猫を3両で買い上げた。さらに猫に飯を食わせるには食べなれた皿がいいと言って、茶わんをもらおうする。

茶店に爺さんはこの茶わんは気に入っているので手放せないといい、木のお椀を渡そうとする。道具屋は、それなら茶わんも3両で買い上げようという。
すると茶店の爺さんはこの茶わんは高麗の梅鉢茶椀といって捨て値で300両もする高価なものだからだめだという。

道具屋は計画が失敗し、ふところに入れた猫にひっかかれ、小便もされるはでさんざんの有様だ。

道具屋 「なんでそんな結構な茶わんでもって猫に飯食わせたりなんかすんだい」

茶店の爺さん 「その茶わんで猫に飯食べさせていますと、ときどき猫が3両に売れますんで」


      

 
★見聞録★ 「猫の茶碗」の題でも演じられる噺です。「道具屋」の与太郎や甚兵衛さんのような人の良さそうな道具屋もいれば、この噺のようなずるがしこい道具屋も落語には登場します。
 「一眼国」と同じで、田舎や異文化人を馬鹿にしたり、だまそうとすると痛いしっぺ返しを喰うという噺でしょう。

短い噺の中で、本当は猫が大嫌いな道具屋が茶店の爺さんの無知につけ込み、だましてなんとか高麗の梅鉢茶椀をせしめようと猫を抱いたり、ふところに入れて可愛がる様子を小三治はじっくりと、いやらしく演じています。
猫をだしに使い、強欲な旅人から3両づつ巻き上げてしまう茶店の爺さんのしたたかさは、道具屋の悪知恵より役者が数段うわ手です。

高麗茶碗とは、「朝鮮から伝来した陶磁器。桃山時代以降、茶人が抹茶茶碗として用いたものの総称。李朝のものがほとんどで、朝鮮では喫茶用ではない。井戸・三島・熊川(コモガイ)・魚屋(トトヤ)などの種類がある。」(三省堂の大辞林) 
落語「井戸の茶碗」もあります。


古今亭志ん朝の『猫の皿【YouTube】



演目表(1)へ    表紙へ    次頁へ