「二十四孝」

 
あらすじ 長屋の大家が喧嘩の絶えない男を呼び入れる。隣家と喧嘩の間に入った女房をなぐり、女房をかばった母親を蹴飛ばしたという。大家はそんな親不孝のやつはこの長屋には置けない、店(たな)を明け渡せとせまる。仕方なく男は料簡を入れ替えて親孝行するという。

大家は「孝行をしたい時には親はなし。されど石に布団は着せられず」と、唐土(もろこし)の24人の親孝行の二十四孝の話を始めた。
「王祥は継母が寒中にが食べたいというので池に行き、氷に上に突っ伏した。氷が少し融けて鯛が2匹出て来た。親孝行の威徳で、天の感ずる所となったのだ。
王裒(おうほう)は母親がが嫌いだったので、母の死後も雷が鳴ると着物を脱いで墓石に着せた。
孟宗は病気の母が冬に(たけのこ)が食べたいというので竹藪に行ったがむろん筍は生えていない。天を仰いで落涙すると雪の地面が盛り上がり、掘ったところ筍が2本出てきた。これも親孝行の威徳で、天の感ずる所だ。
呉猛の家は貧しく蚊帳が買えなかった。呉猛は父親が蚊に刺されないようにと、父親に自分の着物を着せ、自分の体に酒を塗って裸で寝た。すると天の感じる所で呉猛も蚊に刺されなかった。
日本にも親孝行の話はある。美濃国に小佐治という木こりの若者がいた。酒好きな父親に酒を飲ませたいが買う金がない。ある日、山奥で木を切っていると、酒の匂いが漂ってきた。匂いの方へ行くと滝に出た。この滝の水が酒だった。ふくべに入れて持ち帰り、父親に飲ませた。これが養老の滝で、時の帝の耳に入り年号も養老に改まったという」

親孝行すればお上から褒美がもらえると聞いた男、早速、親孝行に取り掛かろうと長屋に戻る。途中、喧嘩して家を飛び出してきたという友達に二十四考の話をするが、つけ焼き刃なんとかで、筋が通らないとんちんかんな話になってしまう。

長屋に戻って、寝ている婆さん(母親)を起し、これから親孝行すると言って酒を持って来させる。体に塗るつもりだったが、もったないと言ってなめ始め、はては全部飲んでしまって高いびきで、夜明けまでぐっすりだ。
母親に起こされた、蚊に食われていないことが分かると、天の感ずる所と自慢げに、
「どうだ、蚊帳なんかなくたって、蚊なんか一匹も出なかったろ」

母親 「馬鹿なこと言うんじゃないよ、あたしが夜っぴき仰いでたんだから」



    



立川談志の『二十四孝【YouTube】




表紙へ 演目表へ 次頁へ