「仕立おろし」



あらすじ 「酒は百薬の長」とも「酒は命を削る(かんな)」ともいうが、酒好きにはいろんな飲み方の癖がある。飲むと陽気になっておかしくもないのに笑い出す笑上戸、飲むと青くなって怒り出す怒り上戸、誰にでもからみ始めるからみ上戸、苦い、まずいと嫌な顔をしながら何杯も飲む薬上戸、飲みだすとだらだらといつまでも飲む後引き上戸、婦人に多いのが踊りの手つきになる踊り上戸など酔態は百態だ。

 泣き上戸、愚痴上戸のが、酒飲み相手に女房の悪口を並べ立てている。「悪い女房を持つと六十年の不作というが、生涯の不作だ」、「うちの女房は女でなく亭主の命を削る鉋だ」、「夜中に起きたら木村屋のアンパン見たいにへそを出して寝ていた」、「おかずだってまともに作れない。この間は牛肉をかつぶしで煮て、バナナをぬか味噌につけた」、「冷蔵庫を買ったら、煙草、帽子、靴も入れてしまい、夏なのに足に霜焼けができた」、「針仕事ができるかと聞いたら、何でも縫えるが仕立屋の商売を邪魔するのでやらないだけ」、浴衣の生地をもらったので縫って見ろと言うと、生地を縫い合わせ大きな風呂敷をこしらへ、真ん中に鍋のフタを乗せ、出刃包丁で丸く切り抜いて、「できたから着て見ろ」と言うから穴から首を出したら、まるでほうずきの化物だ。あんまり馬鹿馬鹿しいので笑ったら、

女房 「この人はまるで子どもだね。仕立おろしを着てご機嫌だね」



      




雷門助六(八代目)の『仕立ておろし【YouTube】





表紙へ 演目表へ 次頁へ