坂道散歩
 街道・古道歩き
 河川・用水路
 歩いた坂
 ブログのTOPへ
             
 渋谷川・古川を歩く

 2017年3月17日

渋谷駅(JR山手線)・・・稲荷橋(渋谷川)・・・金王橋・・・八幡橋・・・徒歩橋・・・並木橋(鎌倉街道中の道)・・新並木橋・・・商和稲荷神社・・・氷川橋・・・上智橋・・・比丘橋・・・清流寺・・・庚申橋供養碑・庚申橋・・・福昌寺・・・天桂寺・・・渋谷橋・・・恵比寿東公園・・・一本橋・・・台雲寺・・・新橋・・・山下橋・・・新豊沢橋・・・回生橋・・・(笄川跡合流地点)・天現寺橋・古川・・天現寺・・佑浩寺・・青木坂下・・・新富士見坂下・・・広尾の庚申塔・広尾稲荷神社・・・フランス大使館・・・光林寺・・新坂下・・五之橋・・・・薬園坂下・・四之橋・・・明称寺・・・絶江坂下・・西福寺・・・・新古川橋・・・古川橋・・・龍源寺・・・三之橋・・・二之橋・日向坂下・・・新広尾公園親水テラス・・小山橋・・・一之橋・・・新堀橋・・・中之橋・・・赤羽橋・・・伏見三宝稲荷神社・・・芝園橋・・・将監橋・・・金杉橋(東海道・第一京浜国道)・・・JR山手線ガード・・・新浜橋・・・東芝浦橋(芝浦運河)・・古川水門(芝浦運河)・・・浜崎橋・・・新浜崎橋・(東京臨海新交通ゆりかもめ)・・・竹芝小型船ターミナル・東京湾・・・ガス創業記念碑・・・旧芝離宮恩賜庭園・・浜松町駅(JR山手線)

  【ル−ト地図



稲荷橋(渋谷川) 《地図
ここを渋谷川・古川歩きの出発点としたが、
渋谷駅周辺開発プロジェクト工事で雑然としていて、この先が思いやられる。
「現在、水量も緑も少ない渋谷川に、清流復活水を活用して水流を取り戻し、
川沿いに約600mに及ぶ緑の遊歩道とにぎわいの広場を整備することで、
都市における水辺のにぎわいと潤いの空間を取り戻す」計画という。



八幡橋から下流方向
金王八幡宮による橋名



並木橋 《地図
鎌倉街道(中の道)の道筋(説明板


東急東横線の高架の支柱跡(並木橋のそば)
高架の写真(2013年7月25日撮影)


下流方向
神田川沿いの落合水再生センターからの再生処理水を流しているというが、
汚れて滞留し、ゴミが浮いている。上流が工事中のこともあるか。
開発プロジェクトが完成して清流が復活することに期待しよう。





商和稲荷神社 《地図
由緒などは不明、このあたり商店街の鎮守か?



庚申橋供養碑・庚申橋 《地図
橋供養塔兼庚申塔だろう。





恵比寿東公園下は雨水貯水槽になっている。


「タコ」の形のすべり台(中央)があり、
通称「タコ公園」で親しまれている。


台雲寺
日清戦争の「敵・味方軍人の供養碑」(左端)
「軍馬の碑」(中)




天現寺橋から下流方向
北から笄川が流れ込んでいた。笄橋(『江戸名所図会』)・笄坂・姫下坂など、
渋谷長者の姫と白金長者の息子の恋物語伝説ゆかりの地名が残っている。
港区の坂G

港区に入り古川となるが、川沿いから離れる。


天現寺



新富士見坂標石(昭和4年)



青木坂下 《地図
江戸時代中期以降、北側に旗本青木氏の屋敷があった。



新富士見坂下 《地図
むろん今は坂上からは富士は見えない。



広尾の庚申塔 《地図



   
広尾稲荷神社・天井墨龍図





フランス大使館



光林寺
ヒュースケンの墓がある。





新坂下 《地図



薬園坂下 《地図
江戸時代前期、坂上の西側に幕府の御薬園
(薬草栽培所・小石川植物園の前身)があった。



四之橋から古川下流方向
土屋相模守の下屋敷前で相模殿橋とも呼ばれた。

広尾ふる川」(名所江戸百景(広重))
絶江坂あたりから四之橋・白金三丁目方向か。


絶江坂下 《地図
承応2年(1654)、坂の東側へ赤坂から曹渓寺が移転してきた。
初代和尚絶江が名僧で付近の地名となり坂名に変わった。
落語『黄金餅』の麻布絶江釜無村木蓮寺は、この寺がモデルとも。


新古川橋 《地図
古東海道の道筋という。橋は昭和10年の架橋で新しいが。
正面は円澤寺





龍源寺



日向坂下(二之橋から)
江戸時代前期、南側に徳山藩毛利日向守の屋敷があった。
誤って「ひなた坂」とも呼んだという。別名の袖振坂の由来は不明。



新広尾公園親水テラス 《地図



赤羽橋から東京タワー
赤羽川(古川の地域称)の北河岸では毎朝、
一寸河岸ちょろがしとよばれる魚市が立ったそうだ。

赤羽根



伏見三宝稲荷神社 《地図



将監橋から下流方向
金森将監の屋敷があった。


   
金杉橋南交差点・東海道との交差地点 《地図

金杉橋

この先はJR山手線で行き止まり、金杉橋北交差点から山手線のガードをくぐる。


山手線下のガード


浜崎橋から上流方向
左は芝浦運河
釣りバカ日誌』の「ハマちゃん」、浜崎(はまさき)伝助はこの橋名からか?



古川水門(芝浦運河) 《地図



新浜崎橋から東京湾 《地図
前方の無名の橋は通行できない。



竹芝小型船ターミナル



東京湾

芝浦

ここを渋谷川・古川歩きの終点とし、
旧芝離宮恩賜庭園から浜松町駅に向かう。



ガス創業記念碑 《地図

庭園の入口は北側にある。

旧芝離宮恩賜庭園 ・「主な見所

   
回遊式泉水庭園・雪見灯籠

   
西湖の堤・石柱

   
海水取入口跡(右)