「八五郎坊主」  桂枝雀


 
★あらすじ★ がらっ八の八五郎がいつも世話になっている甚兵衛さんのところへ来る。どうしても、訳もなく、とにかく坊主になりたいから心安い坊さんはないかと言い出す。
それならと甚兵衛さん、知り合いの寺に手紙を書いてやるという。封をする糊がないので、台所のおひつの飯粒を持ってくるようにいうと八五郎は暖っかい、うまそうな飯を見て食べ始める始末だ。

甚兵衛さんからの手紙を持って大きな銀杏の木が目印の下寺町のずく念寺へやってきた八五郎、立派な門から入ると釣鐘堂から石畳を裏手に回り、ガラガラガラツと幅の広い戸を開け庫裏(くり)-台所へ入る。
寺の伴僧が甚兵衛さんからの手紙を読み住職に取り次ぐと、住職から八五郎は坊主になることを許される。
「なまんだぶ、なまんだぶ」と唱えながら住職が八五郎の頭を丸め、名前をつけてもらうことになる。仏法の仏と八五郎の八をとり「八法」はどうかと聞くが八五郎は気に入らない。六法もいやだ。
それなら「法春(ほうしゅん)」はどうかというと、気に入ったらしく、「麻疹(はしか)も軽けりゃ、疱瘡(ほうそう)も軽い」、「はしかも軽けりゃ、ほうしゅん(法春)も軽い」なんて訳の分からない洒落をいってご満悦だが、すぐに名前を忘れるので、紙に書いてもらう。
甚兵衛さんに坊主になった姿を見せに行くといい、衣姿に着替え、言葉使いに気をつけるようにいわれ寺を出る。

十月の乾いた風がくりくり坊主の頭を撫でてひんやりする。
衣姿は歩きにくく、袖をたくし上げ、裾をからげて歌を唄いながら大声で歩いて行く。
これを見た友達が法春坊主の八五郎を呼び止める。「愚僧でござるか」なんてきどった八五郎、ずく念寺の坊さんになったというと、何という名前をもらったのか聞かれるが思い出せない。
名前を書いてもらった紙を見せると、友達は「ほうばる」と読む。違うというと、春は春日神社の「かす」だから「ほかす」か、今坊主になったばかりで放(ほか)さんでくれと八五郎。
法は御法(みのり)で「のり」とも読むから「のりかす」かと友達、いやそれも違う。
「ほう」と「しゅん」で「ほうしゅん」かと友達。これを聞くと

八五郎 「ほうしゅん、ほうしゅん、はしかも軽けりゃ、ほうしゅんも軽い。分かった、分かった、分かった」

友達 「分かったか」

八五郎 「わしの名前はね、はしか、という」

 収録:昭和63年11月
テレビ「花王名人会」


       


 
★見聞録★ 桂べかこ(現在の南光)の進行による米朝一門会で、枝雀、ざこば、などが師匠米朝との内輪話を面白おかしく話していました。
枝雀が「高津の富」で馬鹿受けした時に、米朝から今のような芸風ではダメだと叱られたそうです。師匠と違う芸風、落語に対する考えにその後も悩むこともあったのでしょうか。自分から早く向うへ行ってしまった枝雀に、そんなことを思ったりしました。

「麻疹も軽けりゃ、疱瘡も軽い」は、麻疹の発疹がたいしたことなければ、後に残る発疹の痕(疱瘡)も軽いということわざ?なのでしょうか。
『米朝ばなし』によると、元のサゲは、「法春」を友達が「ノリカス」と読んだところで、八五郎が「ノリカス?そうかも分からんで。するなり、つけるなりじゃ」で、飯粒から作った糊のことを言っているのですが、今ではよく分からないので演者によりいろんなサゲに変えて演じられているそうです。ただ、枝雀のサゲもそれほどのものではない気がします。

下寺町の「ずく念寺」は架空の寺ですが、下寺町(大阪市天王寺区)には多くの寺が集まっています。そして寺の間を趣のある坂が何本も通っています。

*放(ほか)す
とは、「捨てる」「捨て置く」「うっちゃる」の意で主に関西での言い方。
伴僧
は、「法会、葬儀、修法などのとき、導師に付き従う僧」
御法(みのり)
は、「仏法、仏の教え」   (三省堂大辞林)


   源聖寺(下寺町1丁目)
   源聖寺坂 《地図

天王寺七坂の一つ、坂下に源聖寺。
   口縄坂(下寺町2丁目)

源聖寺坂とならび上町台地を代表する坂。口縄とは蛇のこと。細く起伏のある坂の形が蛇のようなので名づけられたという。
   清水(きよみず)坂

伶人町の清水寺の北側の坂。
   清水寺の「玉出の滝」

京都清水寺の「音羽の滝」を模した大阪市唯一の滝。





演目表(1)へ    表紙へ    次頁へ