「へっつい幽霊」  桂三木助(三代目)

 
★あらすじ★ 道具屋に置いてあるへっつい、3円で売れるが、すぐ客が引き取ってくれと言って戻ってくる。
1円50銭で引き取るので、返品があるたびに儲かるが他の品物も売れなくなってくる。
あるじが近所で噂を耳にする。へっついから幽霊が出るというのだ。女房が1円つけて誰かにもらってもらおうと言う。

この話を聞いていたのが隣の裏長屋に住む渡世人の熊五郎。
早速、1円もらい大店の若旦那で道楽が過ぎ、勘当寸前の銀ちゃんとへっついをかつぎ出す。
銀ちゃんが路地でよろけて、へっついの角が割れる。すると、そこから白いかたまりが落ちる。
へっついを銀ちゃんの部屋に入れ、熊さんの家で落ちた白いかたまりを開ける。300円の大金だ。

150円づつ分け、熊さんはは博打場へ、銀ちゃんは吉原へまっしぐら。
すっかり金を使い果たした銀ちゃんが長屋に帰る。
熊さんも博打ですっからかんになって帰って来て寝込んでしまう。

夜更けに銀ちゃんの所に置いてあるへっついから幽霊が現れる。
「金を返せ」という。銀ちゃんは目を回してしまう。
悲鳴を聞いて熊さんが飛び込んでくる.。
銀ちゃんの話を聞き、翌朝、銀ちゃんの親の大店に行き、300円返さないと若旦那は幽霊に取り殺されるといい300円の金を出してもらう。

へっついを熊さんの部屋に移し、昼過ぎ頃から幽霊が現れるのを待つ。
やっと現れた幽霊の話を聞くと、左官の長兵衛といい、博打で大儲けした金の一部をへっついに埋め込んでまま、フグににあたって死んだのだという。金に未練が残り出てくるのだ。

幽霊と150円づつに分けることで話をつける。
お互い博打好きの二人、中途半端な金はいやなのでサイコロ賭博でどちらかにおっ付けてしまおうということになる。
サイコロ二つを壷に入れ、出た目の合計の長(偶数)か半(奇数)で勝負だ。
むろん、幽霊は左官の長兵衛の名の通り、「長」で勝負する。
いざ、壷を開けると、「五、六」の「半」。
幽霊はがっかりするが、もう一度勝負をしてくれと言う。

熊五郎 「折角だけどそれは断わろうじゃねえか、お前のところに銭のねえのは分かっているんだ」

幽霊 「へへへ、親方、安心してください。あっしも幽霊だ、決して足は出しません」


         これは長     


 ★見聞録★  昭和62年のNHKラジオ「語り芸の世界」で収録しました。
演じられたのはいつかは不明です。
三木助は聞きやすく、小気味いい江戸弁でテンポよく噺を進めます。道具屋のあるじ、女房、渡世人の熊五郎、若旦那の銀ちゃん、幽霊の左官の長兵衛などの人物を的確に描写しています。

三木助は大阪で二代目の桂三木助の所で修業したそうです。
道具屋でへっついを買い、幽霊が出たので返しに来る客を関西人にして、流暢な関西弁を披露しています。
情景描写も見事で、聞いていて場面がはっきり浮かんできます。
幽霊がサイコロ賭博で負け、がっかりする所はおかしいです。
実際、幽霊が少しのけぞる仕草で演じていたそうです。聞いているだけでもそんな様子が分かります。

三木助の癖のない、洗練された語り口は、まさに「語り芸の世界」の第一人者と言えるでしょう。

へっついとは、三省堂の辞書には
[「へつい」の転]かまど とあり、「かまど」の項には、「鍋や釜をかけ、下から火を焚いて煮たきする設備。周りを土・石・煉瓦・セメントなどで築き、焚き口を設け、上に鍋、釜をかける穴をあける。かま。へっつい。」とあります。

古今亭志ん朝の『へっつい幽霊【YouTube】



演目表(1)    表紙へ    次頁へ