「景清」  桂文楽(八代目)

 
★あらすじ★ 医者に見放された、おふくろと二人暮らしの俄かめくらの木彫師の定次郎。
今日は赤坂円通寺の日朝さまに二十一日のお参りの満願の日。
お灯明のろうそくが目の奥にうっすら映るようにようになり、今日こそ目が開くと一生懸命「南無妙法蓮華経」を唱える。すると隣にお題目を唱える婦人の声。
気にかかり、話しかけ、女の境遇などを聞き邪念が入ったせいか、見えかけていた目が真っ暗になってしまう。

やけ気分で、世話になっている石田の旦那のところへ行く。
旦那はそれなら、上野の清水観音へ100日、それでもだめなら200、300日とお参りするように定次郎にすすめる。

今日は定次郎が一日もかかさず清水観音にお参りした100日目だ。
目の開くのを期待して、お祈りをするがどうしても目は開かない。
ついには、定次郎は観音様に悪態、毒づくありさまだ。
そこへ石田の旦那が現れ、100日でだめなら200日、300日でもお参りをしろと言い聞かせる。
一緒に池之端の弁天様をお参りし帰る途中、急に激しい雨と雷。定次郎は気を失って倒れてしまう。

夜、気がつくとびっしょりで寒い。
体を拭いたりしているうちに、ふと自分の目が開いていることに気づく。(観音様の方へ向って手を合わせ、頭を下げる。)
翌朝、おふくろを連れて清水観音へお礼参り。

「目のない方に目ができましたというお目出度いお話でございます。」

 
★見聞録★
 「黒門町の師匠」の登場です。昭和59年に録音した噺です。いつ演じられたかは分かりません。
なぜ「景清」という題なのかは文楽の噺からは出てきません。この噺は元は上方の落語です。
源頼朝の命を狙って失敗し捕えられた平家の悪七兵衛景清が、京都の清水観音に「源氏の世は見られぬ」と両目をくり抜いて納めたという故事が題目の元になっています。
上方の噺は、定次郎は景清の目をもらい、目が開いたのですが、景清の霊が乗り移り大名行列に暴れ込んで行くという、荒唐無稽な噺の飛躍、発展があります。これは「瘤弁慶」などにも見られる、大阪落語の想像力、空想力でしょうか。
文楽も、この噺を大阪から持ってきた三代目の円馬から教わったとはじめのところで語っています。
最後の定次郎が気を取り戻してから、目の開いたことに気づき喜ぶまでの間は、セリフは途切れ文楽は定次郎の所作だけで演じています。ですからその所作の部分は筆者の想像です。
しかし、目が開いたのは本当に清水観音のご利益によるものでしょうか。
定次郎にさんざん毒づかれ、八つ当たりをされた観音さまがそう簡単に目を授けるとは思いません。帰りがけにお参りした、不忍池の弁天さまのおかげだったかもしれません。

平景清は、「(生年不詳〜1196年)平安末期の武将。忠清の子。俗称悪七兵衛。平維盛らに従って源義仲・行家らと戦い、のち一門と西走、屋島の戦いにおける錏(しころ)引きで勇名をはせた。平氏滅亡後、源頼朝に降り、八田知家に預けられ断食して死んだという。謡曲、歌舞伎に脚色される。」(三省堂大辞林)

   円通寺(港区赤坂5丁目)
定次郎がはじめ目の回復祈願にお参りした日蓮宗の寺。

日朝は、「眼病守護の日朝さま」として崇められた。
   円通寺坂(円通寺前の坂)
右側に円通寺
   上野の清水観音堂と定次郎がお参りに上り下りした清水坂の石段。
   清水観音堂の前の不忍池と弁天堂(池の向うの屋根)
清水観音堂から帰る途中にお参りに寄り、定次郎が雷に打たれた所。


演目表(1)へ    表紙へ    次頁へ