「小言念仏」

 
あらすじ 今朝も家の者に小言をいいながら念仏を唱えている親父、
「仏壇の中に蜘蛛の巣が張っている、掃除をしろ、ナムアミダブッ、ナムアミダブッ。花を取り替えろ、水を取り替えろ、ナムアミダブッ、ナムアミダブッ。線香は真っ直ぐ立てろ、ナムアミダブッ、ナムアミダブッナム。子どもを起せ、学校に遅れるぞ、ナムアミダブッ、ナムアミダブッ。鉄瓶がたぎっているぞ、ナムアミダブッ、ナムアミダブッ。飯が焦げ臭いぞ、なに隣の家です、行って教えてやれ、ナムアミダブッ、ナムアミダブッ。赤ん坊が這って来たぞ、そっちへ連れて行け、ナムアミダブッ、ナムアミダブッ。変な顔をしているぞ、今考えているぞ、ナムアミダブッ、ナムアミダブッ。あぁ、やっちゃった、ボロ布で拭きなさい、ナムアミダブッ、ナムアミダブッ。おつけの身は何にしましょうだと、夕んべのうちから考えておけ、ナムアミダブッ、ナムアミダブッ。どじょう屋が通るから呼び入れろ、「どじょう屋!」、ナムアミダブッ、ナムアミダブッ。どうじょう屋が向うむいているうちに2.3匹つかみ込め、ナムアミダブッ、ナムアミダブッ。どじょうを鍋に入れて、酒を入れろ、ナムアミダブッ、ナムアミダブッ。なに苦しがって暴れていますだと、ナムアミダブッ、ナムアミダブッ。鍋を火に掛けろ、飛び出すからしっかりフタを押さえろ、ナムアミダブッ、ナムアミダブッ。なにゴトゴト苦しがっています、そうだろ、ナムアミダブッ、ナムアミダブッ。静かになったな、フタ取って見ろ、ナムアミダブッ、ナムアミダブッ。なに、腹出してみんな死んじゃった。ざまぁ見ろ、ナムアミダブッ、ナムアミダブッ。






         




柳家喜多八の『小言念仏【YouTube】




表紙へ 演目表へ 次頁へ