「夏の医者」  笑福亭仁鶴



 

★あらすじ★
 真夏の炎天下、ある村で畑仕事をしていたお百姓が倒れた。この村に医者はいないので、八里半離れた隣村へ息子が医者の先生を迎えに行く。

 先生がお百姓の様子を聞くと、朝飯に昨日の残りのちしゃを食べたという。
夏のちしゃは気をつけなければいけないといい、先生はお百姓の息子に薬箱を持たせ隣村へ向う。

 途中まで来ると、息子が道を間違ったという。来る時は道に松の木など倒れていなかったという。
見ると大きな松の木が倒れて道を塞いでいる。
実はこれはうわばみ(大蛇)だ。そばで人間の声がするので、うわばみは二人をひと飲みで呑みこんでしまう。

 急にあたりが真っ暗になってびっくりする二人。先生はすぐにうわばみの腹の中だと気づく。まごまごしていると頭のてっぺんから足の先まで溶けてしまう。
先生はここからの脱出方法を考える。薬箱から薬を出して下剤を調合する。うわばみに下痢をさせて、自分達も外へ脱出しようという作戦だ。
息子が下剤を種蒔きのようにうわばみの腹に蒔く。しばらくすると薬が効きはじめ、うわばみは七転八倒の末、腹の中の物を大音響とともに排出した。

 二人ともうわばみの尻の穴から無事に外界に戻ってきた。喜びもつかの間、息子が薬箱をうわばみの腹に忘れてきたことに気づく。
先生は息子にもう一度うわばみに飲み込んでもらって、下剤を蒔いて薬箱を取って来いというが、息子は薬の調合の仕方が分からないし、もう勘弁してくれと言い出す。

 仕方なく先生は、うわばみの前へ回る。さすがのうわばみもこの暑さでへばっているところへ下痢なんかさせられて、すっかり衰弱しぐったたりして肩で息をしている有様だ。
先生がもう一度、飲み込んでくれと頼むが、だめだという。
今度は一人だけだといってもだめという。

医者の先生 「どうしてだめなんじゃ」

うわばみ 「夏の医者(ちしゃ)は、腹にさわる」

 収録:昭和61年
NHKテレビ「演芸指定席」



     


 
★見聞録★ サゲがうわばみの言葉になっているのが面白く、民話風な噺です。「ちしゃ」は「ちしゃ医者」でも登場する野菜です。

落語にもいろんな医者が登場します。大半がいいかげんな迷医ですが、この噺の先生は腕のほうは分かりませんが、責任感の強い名医といえるでしょう。仁鶴はこの先生をあわてず、騒がずのゆとりのある医者風に描いています。
真夏の暑いさなかに八里半も離れている隣村へ山道を歩いて行きます。
うわばみに飲まれても冷静に対応して、うわばみの糞まみれになりながらも、さらにもう一度自分の方からうわばみに飲み込んでくれと頼むなんて、こんな立派な医者は、今の日本中探しても皆無でしょう。



桂米朝の『夏の医者【YouTube】




演目表(1)へ    表紙へ    次頁へ