「能狂言」  三遊亭円生(六代目)


★あらすじ★ ある小大名が国許に帰国し、家来の者一同は大広間で挨拶をする。
殿様は江戸表で見た能狂言が面白かったので見たいという。
家老は「委細承知つかまつりました。」と答える。
あとで家来衆が家老に能狂言とは何かと聞くが、家老は知らず家中に知っている者はいない。
そこで市中に高札を立て貼り紙をし、能狂言を知っている者を探しだすことになった。
なにせ辺鄙な田舎のことで、知っている者は現れない。

そこへ登場するのが旅興行が解散し、方角がいいからと、この国へ流れてきた噺家二人
腹が減って一膳飯屋に入る。「じきさめ」「庭さめ」「村さめ」の酒の中で、一番ましそうな「村さめ」を飲むがこれも酒っぽい水だ。
すると一人が能狂言の貼り紙を見つける。
二人が能狂言を知っていると聞いた茶店の婆さん。
何かうまいものを作ってやると言って、店を抜け出し役人の所へ行き、店に能狂言を知っている二人づれが酒を飲んでいるから召し捕ってくれと訴える。

早速役人5,6人で店へ行き、二人を捕らえてふん縛り城中へ引き出す。
驚いた家老、役人を叱りつけ無礼をわび上座に座らせ、二人に能狂言をやってくれと頼む。
噺家二人は能狂言をやれば、お礼をくれると言うので、いい加減にやってお礼にありつこうと引き受ける。
衣装をいいつけ、舞台ができるまで、二人は朝から食って飲んで寝ているばかり。
いよいよ舞台もできあがり、明日は能狂言の日だ。
二人は忠臣蔵五段目の茶番をやってごまかすことにする。
「忠五双玉」という狂言名にする。太鼓、笛はないので、若侍の口で演じることにする。
掛け声、笛、太鼓の稽古をやり準備万端。

いざ当日。鳴物連中の掛け声、口笛、口太鼓の中を、五段目のセリフを謡のように節をつけ、噺家の与市兵衛が登場する。
そこへ定九郎役の噺家が現れ、金を渡せと迫る。
この辺から酒を飲んで舞台へ上がった、与市兵衛が酔ってきてセリフがおかしくなる。
こりゃいけないと思い、定九郎は刀を抜いて切るつける。
与市兵衛は舞台に倒れる。
定九郎は、「久しぶりなる五十両、これより島原へ女郎買いにまいろう・・・」と言って舞台から引き下がる。

ここで芝居なら幕が下りるはずだが、能舞台だから幕も緞帳もない。
お囃子連中は声を出しっぱなしで疲労困憊。舞台に倒れたままの死んだ与市兵衛も困った。

すると、与市兵衛がむくむくと起き上がり、

与市兵衛 「わしを殺して金を取り、女郎買いとは、太てえ野郎。島原へはやるまいぞ。女郎買いには、やるまいぞ、やるまいぞ、やるまいぞー」(こう言いながら舞台から退場した。(円生も)



     



★見聞録★  平成4年のTBSテレビ「落語特選」からの収録ですが、演じられのはいつか不明です。
長者番付」同様、地方、田舎が舞台の落語です。
二人の演じた能狂言?は、歌舞伎「仮名手本忠臣蔵」の五段目の山崎街道の場面です。
「二ツ玉の場」といわれるそうで、「忠五双玉」と狂言の題をつけたようです。

この噺は元は大阪の落語で、円生は三代目の円馬を噺を聞いて覚えたそうです。
円生のほかにこの噺をやる人はいないようで、もう聞かれない落語の一つかも知れません。
「長者番付」と同じ江戸っ子二人のコンビの能狂言はどうだったのでしょう。家来衆はともかく、殿様は江戸で能狂言を見ているのですから、二人のいんちき能狂言を見破ったかも。二人はうまくお礼にをもらえたのでしょうか。

*「能狂言」は、「能と狂言。能楽の狂言。歌舞伎狂言に対していう。」
「能は、「日本の中世芸能で、舞踊と劇の要素を含んだもの。猿楽能、田楽能、延年能など。」
「狂言」は、(1)日本の芸能伝統の一つ。猿楽の滑稽・卑俗な部分を劇化した芸能。猿楽能と併せ行われるが、舞踊的、象徴的な能と異なり、物まねの要素や写実的な科白(せりふ)劇の性格をもつ。(2)歌舞伎の演目。歌舞伎狂言。(三省堂の大辞林)

島原は江戸時代の京都唯一の公許の遊郭。祇園や北野の茶屋町の遊女屋は黙認されたもの。「西新屋敷」が公称で、島原は異名。廓町の構造が島原の乱のあった、島原城に似ているとも、急な移転(六条三筋町から移転)のため混乱したありさまが島原の乱のようだったからともいう。『米朝ばなし(上方落語地図)』(桂米朝著)

角屋保存会



演目表(1)へ    表紙へ    次頁へ