坂道散歩
 街道・古道歩き
 河川・用水路
 歩いた坂
 ブログのTOPへ
             
 赤間川・新河岸川を歩く @〜B


 @ 2016年11月13日

東久留米駅(西武池袋線)・・・河原町交差点・千人同心日光道(国道299号)・・・霞橋(霞川)・・・笹井堰(入間川)・赤間川取水口・・・市民運動場・・・(国道299号)・・・朝霧公園・・・蓮花院・・・(霞川)・(狭山市)・・・入間川中学校・・鵜ノ木浄水場・・・あいさつ橋(国道16号歩道橋)・・・清水八幡神社・・・中之坂下・・・菅原橋(鎌倉街道上の道)・・・霞野坂下・狭山市民会館・・・稲荷神社・・(国道16号)・・瑞光寺・・・(狭山環状有料道路)・・・赤間川通り・・・梅宮神社・・・舗石供養塔・・・狭山清陵高校・・・奥富神社・・・富森稲荷神社・・五平坂・・・国道16号・・・八雲神社・・・入間川街道・・・(川越市)・・・氷川神社・・・愛宕神社・・・福昌寺・・・南大塚駅(西武新宿線)

 【ル−ト地図



   
千人同心日光道沿いの繁田醤油・狭山茶店



笹井堰(入間川)の右岸近くが赤間川の取水口


   
赤間川取水口(左) 《地図》・市民運動場沿いを流れて、国道299号を横切って行く。



朝霧公園(左)沿いの流れ 《地図


   
蓮花院彰義隊遭難者の碑付地蔵(右)
地蔵の台座は道標になっている。


豊岡高校は入間市駅の南方にある。


   
霞川を伏せ越して(くぐって)対岸から流れは出てくる。
橋はなく右方の橋に迂回して狭山市に入る。



鵜ノ木浄水場近くの流れ



あいさつ橋(国道16号歩道橋)から下流方向 《地図
このあたりは川沿いは歩けない。


清水八幡宮
ここは『鎌倉街道(上の道F)』で訪れている。



菅原橋(鎌倉街道上の道)から上流方向 《地図



石橋供養塔(安永10年(1781)・JAいるま野の手前))
安永は9年までで、実際は天明元年。



霞野坂(坂上方向)  南東方向に上る坂 《地図



畑の間を真っすぐに流れている。



稲荷神社 《地図



瑞光寺(左)



川沿いに「赤間川通り」を進む。



梅宮神社





舗石供養塔 《地図
右のフェンスの所が赤間川で、竹林沿い・狭山清陵高校沿いを流れて行く。



奥富神社 《地図





富森稲荷神社


   
五平坂(右・坂上方向、左・坂下方向) 南東方向に上る坂 《地図
この坂を改修した名主の五平さんにちなむ坂名という。


 
五平坂の坂上の国道16号から赤間川へ下る坂。《地図
坂下近くの右に八雲神社がある。

   
八雲神社



川沿いは歩けない。



馬頭観音?

入間川街道に出て、川越市に入る。


氷川神社 《地図

川沿いに下ってみる。

   
左・上流方向、右・下流方向

再び入間川街道に出る。


愛宕神社 《地図



川沿いに戻る。



ここは道ではないだろうが進む。



上流方向 《地図
右から水路が合流する。この先の下流沿いは進めない。
今日はここまでとし南大塚駅に向かう。



福昌寺
慶長年間(1596〜1614)に大袋新田を開発した、
小田原北条氏の浪人横山次右衛門の屋敷跡ともいう。



2016年11月14日

南大塚駅(西武新宿線)・・・福昌寺・・・安比奈線跡・・・川越南高校迂回・・・入間川街道・・・大田街道・・・豊田橋・(関越道)・・・地方合同庁舎・・・(県道160号)・・・一級河川新河岸川起点標石・・・八幡橋・・・(JR川越線)・・・(東武東上線)・・・三峰神社・・・三日月橋・・・妙昌寺・・・黄金橋・・・十念寺・・真土川合流地点・・・お茶屋橋・・・赤間川公園・・・石原橋・・・(菓子屋横丁)・・・高沢橋・・・本応寺・・・濯紫公園・・・坂下橋・・・東明寺橋・・・東明寺・・・氷川橋・・川越氷川神社・・・宮下橋・・・城下橋・・・新城下橋・・・市立博物館・・・川越城本丸御殿・・・三芳野神社・・・郭町浄水場・・・杉下橋・・・新琵琶橋・・・精進場橋・・・長徳寺(川越観音・仙波氏館跡)・・・仙波大橋・・・田島橋・・・滝下橋・・・仙波河岸史跡公園・・・愛宕神社・・・妙善寺・・・川越駅(東武東上線)

    【ル−ト地図



   
安比奈線の線路跡・赤間川を渡る線路が残っている。(右) 《地図



この先は川越南高校で通れず、入間川街道に迂回する。



入間川街道は道路工事中で渋滞している。
右は地蔵か大師像か?


   
豊田橋・関越道(右) 《地図》             関越道をくぐる流れ。



このあたりは道ではないだろう。正面の建物で行き止まりで、
左のあぜ道を通り、一般道に迂回する。

豊田町バス停あたりで北に入り川沿いに出る。


正面は川越合同庁舎 《地図


   
「一級河川新河岸川」管理起点 《地図
右からの水路との合流地点先端に管理標石が立つ。
この先にも「赤間川」と表示されている橋もあり、赤間川公園もある。

川越線・東上線の下を流れ川越市街へ入って行く。



小さな三峰神社 《地図



三日月橋から下流方向
正面奥右は妙昌寺



黄金橋は「赤間川」だ。 《地図



十念寺



お茶屋橋から上流方向
右から真土川が合流する。



赤間川公園 《地図
このあたりは川沿いに遊歩道がついている。



踏み石を伝わって左岸へ


濯紫公園




東明寺橋を渡って東明寺に寄る。


東明寺
大イチョウの前に「川越夜戦跡」碑







川越氷川神社
「七五三」は明日だが賑わっている。





川越市立博物館(川越城二の丸跡)



川越城本丸御殿


   
三芳野神社・社殿は修理中 《地図
童唄♪「通りゃんせ」♪の歌詞の発祥地だそうだ。「行きはよいよい 帰りはこわい・・・」
ここは城内で帰りには厳しい検問があったという。天神様、菅原道真の怨霊の祟りも怖いぞ。




伊勢物語』歌碑(三芳野神社参道入口)
「我が方によると鳴くなる三芳野の田面の雁をいつかわすれむ」
「三芳野」という社名は、伊勢物語の「入間の郡みよしのの里」という地名が
川越の旧地名であったことによるそうだ。



新琵琶橋から下流方向
ここも橋名の標示は「赤間川」だ。




城郭のようなどっしりとした門と石垣旧家



長徳寺(川越観音)・仙波氏館跡 《地図



   
仙波河岸史跡公園仙波河岸跡 《地図
「新河岸川舟運」の最上流で一番新しい河岸場跡




仙波の滝


明治34年頃の仙波の滝


写真右端の石祠は屋根が欠けているが健在だ。



延命地蔵(元文元年(1736))



愛宕神社
社殿は円墳の上



今日はここまでとし川越駅に向かった。

2016年11月18日

川越駅(東武東上線)・・・氷川神社・・・(仙波河岸史跡公園)・・滝下橋・・・新河岸川上流水循環センター・・・滝ノ下公園・・・(JR川越線)・・・不老川合流地点・・新扇橋・・・・旭橋・河岸場跡碑・・・日枝神社・・・寺尾調節池・・新鷹匠橋・(ふじみ野市)・・・九十川合流地点・・川崎橋・・・養老橋・・地蔵祠・・福岡河岸跡・・吉野屋土蔵・・福岡河岸記念館・・・権現山古墳群・・・第二新河岸橋(国道254号)・・・新河岸川放水路合流地点・・・福岡橋・・・ふじみ野市運動公園・福岡江川合流地点・・福岡江川緑道・・・旧川越街道・・・ふじみの駅(東武東上線)

  【ル−ト地図



氷川神社(仙波町)


滝下橋・新河岸川上流水循環センター



JR川越線をくぐった所


   
           不老川合流地点 《地図》      
新扇橋から上流方向(右・新河岸川、左・不老川)



対岸は「扇河岸」という地名で、新河岸川舟運の河岸場があった。



新河岸川河岸場跡碑(旭橋の右岸)


新河岸川舟歌


「船は早さにより、並船・早船・急船・飛切があった。
早船は定期の貨物船で、天保期になって旅客を乗せる船ができた。
新河岸川を夕方出発すると翌朝の9時頃に日光街道千住大橋たもとの千住の河岸、
正午頃に浅草花川戸に着いた。『東京散歩(荒川区)
この夜行の下り船は「川越夜船」と通称されていた。
航行は新河岸川では棹(さお)を使い、荒川ではほとんど艪(ろ)を使った。
帆は荒川で使用し、屈曲の多い新河岸川では余り使われなかった。
船頭の間では舟唄が唄われた。川越舟歌と呼ばれているが千住節の別称がある」
『新河岸川の水運(埼玉県歴史の道調査報告書 第8集)』より
当時、荒川筋で日光街道沿いの、江戸四宿の一つの千住は水陸交通の要衝で
遊郭(花街)もあり、船頭や旅客の楽しみの地でもあったようだ。






日枝神社(左)・観音寺(右) 《地図



鴨が一斉に飛び立った。


   
寺尾調節池 (川越百景の73番)《地図

新鷹匠橋(水路の橋)からふじみ野市に入る。



九十川合流地点 《地図


   
養老橋・地蔵祠(橋の右岸たもと) 《地図



福岡河岸跡





吉野屋土蔵 《地図
福岡河岸の3軒の船問屋(吉野屋・江戸屋・福田屋)の一つ




   
福岡河岸記念館(回漕問屋福田屋)
主屋・離れ(中央の三階建て)・文庫蔵・帳場(主屋の一部)



川沿いの緑地公園を進む。



権現山古墳群・2号前方後方墳方向 《地図





新河岸川放水路分岐地点 《地図


   
福岡江川合流地点・上流方向(水宮橋からは暗渠上の緑道になる) 《地図
福岡江川(途中から緑道)を歩き、ふじみ野駅に向かった。


 赤間川・新河岸川を歩く C〜D

 福岡江川(緑道)を歩く
に続く。