「羽織の遊び」



あらすじ 町内の若い連中吉原へ遊びに行きたし金はなし。キザでいやな奴だが、金持ちで遊び人の伊勢屋の若旦那を取り巻いて、よいしょして、たらし込み、お伴で連れて行ってもうらおうと算段する。

そこへちょうど通りかかったのが伊勢屋の若旦那だ。歩き方からなよなよくねくねで、鼻持ちならないが、「よぉ若旦那」と声をかける」、若旦那「おや、コンツィア、昨日は仲(吉原)へ繰り込み、青楼(遊郭)へふけりまして、ショカボ(初会惚れ)のベタボ(べた惚れ)で」、なんて意味不明な日本語で、「一時には、マナコの中に熱燗の酒を注がれ」、「二時には簪(かんざし)を鼻の穴に」、「三時には、みぞおちの辺りを尻でぐりぐりっと」、と長いノロケ話で「明け方にはのど笛を喰らいつき」、まるで化け物屋敷だ。

魂胆がある連中はじっと我慢して聞き流し、今晩は是非ともお伴をお願いしたいと持ちかける。
若旦那「セツ()の上がる店は大見世ばかりでゲスから、半纏着を相手にいたしやせん。是非とも羽織と帯のご算段を願いとうございますな」ときた。吉原へ行けるとなればと、町内の連中は、それぞれ羽織を調達に行き、いろんな羽織姿で再び全員集合だが、八五郎だけは羽織を着ていない。

若旦那は羽織がなければダメと、きびしく、つれなく、意地が悪い。どうしても吉原へ行きたくてうずうずで、仲間はずれになるのもいやな八五郎は親方の所へ借りに行く。あいにく親方は留守。
おかみさんに「吉原にお伴で遊びに行く」とぶち明けると、「祝儀不祝儀でなければ貸せない」と頑固で、冷たい返事。祝儀不祝儀も知らない八五郎、とんちんかんな事ばかり言っていたが、冠婚葬祭と教えられ、長屋の葬式に着て行くと安直に答える。

おかみさんの「誰が死んだんだい」に「羅宇(らお)屋の爺さん」、「いつ死んだ」、「夕べの夜中に」、「さっき家の前を歩いていたよ」でアウト。
今度は「海苔屋の婆さん」だが、「今二階で縫い物仕事をしている」で羽織はほど遠い。
おかみさん「一体誰が死んだんだよぅ」

八五郎 「そのうち誰か死ぬでしょう」





        



古今亭志ん朝の『羽織の遊び【YouTube】




表紙へ 演目表へ 次頁へ