「紋三郎稲荷」   入船亭扇橋

 
★あらすじ★ 常陸の笠間藩の家臣山崎平馬は、江戸勤番となったが風邪で寝込み、二、三日遅れて一人で出発する。また風邪をひかぬよう、狐皮の暖かい胴服を着込んでいる。

 取手の渡しを渡ると、駕籠屋が寄って来て松戸まで八百文で行くというのに、平馬気前よく一貫文やるという。

 松戸までの道中、駕籠屋が「気前が良過ぎやしねえか。お狐様でも乗っけたんじゃねか」などと話しているのが平馬の耳に入る。

 いたずら心を出した平馬は胴服の尻尾を駕籠の外へ出し、狐になりすまして駕籠屋を驚かし、自分は笠間の紋三郎稲荷眷属で、王子、真崎、九郎助の方へ参ろうと思っていると駕籠屋をだまし、途中の茶店では稲荷寿司ばかり食べている。

 松戸宿の本陣の主人の伊藤惣蔵が笠間の稲荷を信仰し庭に祠まであるというので、平馬はそこへ泊まることにする。

 駕籠賃を受け取った駕籠屋は、「旦那、これが木の葉に化けるなんてことは・・・」、
平馬 「たわけたことを申せ。それは野狐のすることだ」

 駕籠屋が本陣の者に、平馬はお稲荷様の眷属だと告げたため、平馬はたいそうなもてなしを受ける。油揚げなんかは断り、なまず鍋、鯉こく、酒に芸者も上げての大騒ぎだ。近所の者まで平馬を拝みに来てふすまの間からお賽銭が投込まれる有様だ。

 平馬はちょっとやり過ぎたと気づき、朝早くこっそり宿を抜け出す。
すると、稲荷の祠から二匹の狐がちょろちょろ出てきて、平馬の後姿をじっと見て、

狐 「へえ〜、人間は化かすのがうめえや」


   
 
★見聞録★
 昭和59年に録音した噺です。
扇橋は派手さはないですが、ゆったりと安心して聞ける噺家だと思います。民話や昔話を話す「語りべ」のようです。
扇橋の噺の中では、「紋三郎稲荷」と同様、「茄子娘」「田能久」など地方色溢れる噺に、扇橋の面目が出ているのではないでしょうか。

紋三郎稲荷は、茨城県笠間市の笠間稲荷神社の別名です。胡桃下(くるみがした)神社の別名もあります。一般に伏見稲荷豊川稲荷ともに、日本三大稲荷のひとつと言われています。(笠間市観光協会の笠間観光地図、「かさまっぷ」には、日本三大稲荷は豊川稲荷ではなく、佐賀の祐徳稲荷と記されています。)
 「紋三郎稲荷」の名の由来は、江戸時代に藩主の一族の門三郎という人が、深い信仰心で多くの人々に功徳を与えたことに因るそうです。
 境内を探してみましたが「胡桃下神社」と書かれている所はありましたが、「紋三郎稲荷」の名は見つかりませんでした。
 笠間城址は、笠間稲荷神社からさほど遠くない所にあります。
佐白山(182m)の山頂付近に天守の石垣の一部が残っていました。

笠間藩士の山崎平馬は水戸街道の取手宿の青山の渡しで利根川を渡り、そこから駕籠に乗って狐になりすまし、松戸宿へと向かいました。


三遊亭円歌(2代目)の『紋三郎稲荷【YouTube】
   紋三郎稲荷(笠間稲荷神社) 《地図
   笠間城天守跡の石垣 《地図
   笠間城本丸近く、八幡台櫓跡からの眺め。
  松戸宿の本陣、脇本陣、問屋場があった辺りの旧水戸街道。(千葉県松戸市本町) 「説明板

本陣跡地碑
  松戸宿平潟遊郭跡に残るしだれ柳。(松戸市本町)
  松先稲荷神社(松戸市本町)

京都の伏見稲荷へ松戸宿の氏子が真っ先にたどりついたことによる名ともいわれている。
  真崎(先)稲荷(石浜神社境内・荒川区南千住3丁目)
平馬が狐になりすまし、かご屋に「王子、真崎(まっさき)、九郎助へ参ろうと思う」というくだりがある。
   九郎助稲荷が合祀されている吉原神社





演目表(1)へ    表紙へ    次頁へ