直線上に配置

 木紀行(その1)



大木・巨木・古木・名木・神木・変木・枯木・珍木・普通の木・・・・。
坂道散歩』で出会った様々な木々を並べてみました。



(1)嘆きの松
江差に入港した開陽丸が座礁、沈没し、榎本武揚土方歳三
この松を叩いて嘆き悲しんだという。
松の幹が曲がっている部分が瘤(こぶ)のようになっているのは、
土方の叩いた跡で「土方歳三のこぶし」とか。

江差町(北海道)の坂



(2)一本杉(角塚古墳) 「説明板
最北の前方後円墳の上にそびえている。 《地図
5〜6世紀初めの築造・全長45m・高さ4m。
「塚の山」・「蛇塚」・「一本杉」ともいわれている。
『古代史散歩(岩手県胆沢町)』(現・奥州市)



(3)姥杉
水沢城土塁跡上・推定樹齢約500年。後ろは奥州市役所
水沢市(岩手県)の坂@



(4)縁切榎「中山道板橋宿」
10代将軍家治、12代家慶に降嫁の行列は、ここを避けて根村道を通ったが、二人とも若死した。
縁切榎の名は高まり、その樹皮を煎じて飲めば男女の縁が切れるという俗信が生じ、
榎の皮を粉にして売る者まであったという。落語『縁切り榎
皇女和宮の降嫁の時には榎全体を菰で覆ったともいう。
板橋区の坂@



(5)一本松(冠の松)
天慶2年(939)、平将門の乱の征討に向かう源経基が近くの民家に泊まった。
翌朝、経基はこの松に冠装束を掛けて出立した。『将門散歩
江戸時代の観光名所・一本松付近』
現在の松は、戦後地元町会によって植えられた?代目の松。
港区の坂G



(6)枝垂れ梅(龍福寺
板橋区の坂D



(7)真福寺のイチョウ(「逆さイチョウの伝説」
さいたま市の坂@



(8)東郷寺の枝垂桜(「府中市の名木100選」)
府中市の坂A



(9)木の根道(「鞍馬寺山内案内(36)」)
京都市の坂@



 (10)スダジイ九重神社の神木・樹齢500年以上)
川口市の坂@



(11)宗興寺の何の大木?
神奈川区の坂@



(12)平潟遊郭跡の枝垂れ柳(「水戸街道松戸宿」)
松戸市(千葉県)の坂



(13)雷電神社のスダジイ、タブノキ?
『『松戸市(千葉県)の坂



(14)小茂根稲荷神社のスダジイ
板橋区の坂−10



(15)志多備神社のスダジイ(推定樹齢数百年)
説明板」には「日本一のシイの巨木です。」とある。
巨樹・巨木林データベース』(環境省)にも載っている。
出雲の坂A



(16)護王姫神社の大ケヤキ(推定樹齢300年)
座間市内で最大最古の大木という。『市指定重要文化財
座間市の坂−2



(17)栗原神社のシラカシ(推定樹齢500年)
社殿の左奥で一部しか写っていない。?
これも座間市の『市指定重要文化財』で、こっちのが(16)より古いか?
かながわの名木100選』(044番)にもなっている。
座間市の坂−4



(18)弥生神社のイチョウ
黄葉の写真(『travel.Jp』)
海老名市の坂−1



(19)海老名の大ケヤキ(推定樹齢300年以上) 「説明板
神奈川県指定天然記念物」
海老名市の坂−2



(20)椿地蔵と玉椿(『海老名市天然記念物』)
玉椿 咲かずに落ちる 地蔵堂」(「海老名郷土かるた」)
若くして病死した娘を悼むかのように、椿の花はつぼみのまま咲かずに散ってしまう。

海老名市の坂−4』



直線上に配置
 木紀行(その2)
アクセスカウンター