「猿後家」  桂小文枝

 
★あらすじ★ 顔が猿にそっくりで猿後家とあだ名されている、川上屋という大店の後家さん。当人はひどく気にしていて、店では「サル」とつく言葉は禁句になっている。

 この店に出入りしている太兵衛という男、後家さんに取り入り、機嫌を取るのがうまいので気に入られている。今日も後家さんの部屋で、大津絵の藤娘そっくりだなどとべんちゃらを並べ酒、肴のご馳走を振舞われている。太兵衛がしばらく町内の若旦那連中と伊勢参りに行ってくるというと、後家さんはさびしがり、早く帰るようにと餞別を与え、店の者からも餞別を出させる。

 伊勢参りから帰った太兵衛が店に来る。みやげ話をしている時、奈良の町の様子を話しているうちにうっかり「沢の池」と口をすべらせる。これを聞いた後家さん、かんかんに怒り、太兵衛に煮え湯を浴びせて、店からつまみ出せという騒ぎだ。番頭から今日のところは家に帰れと言われた太兵衛だが店の出入りを差し止めになると、後家さんをほめて収入を得ている生活の算段がつかなくなるので、なんとか取りなしてもらおうと番頭に願い出る。

 番頭は太兵衛の前に後家さんに取り入っていた又兵衛という男の話をする。
又兵衛は、うっかり「さるお家に・・・」と言ってしくじったが、数ヶ月たって美人の錦絵を持ってきて、あなたによく似たこの錦絵を家の壁に張り、毎日お詫びを申していますというと、後家さんはたちまち機嫌が直った。ただ、この後、「ご当家をしくじったら木から落ちたも同じでございます。」と言ってまたしくじってしまったが。

これを聞いた太兵衛は、番頭から美女の名前を教わり、さっそく後家さんのところへ行く。
怒っている後家さんに、さっきは「さむそうの池」といったのだとごまかし、

太兵衛 「おおえはんを昔の美女にたとますと、わが朝の日本では小野小町、照手姫か衣通姫(そとおりひめ)。唐土(もろこし)では、玄宗皇帝の思い者で・・」

後家さん 「玄宗皇帝の思い者で、一体、誰に似ているというのや。」

太兵衛 「ようひひ(楊貴妃)に似てござります。」


     
                           大津絵の藤娘   


 
★見聞録★ 昭和61年にTBSテレビ「落語特選」で放送された噺です。
五代目桂文枝(平成17年3月に他界)が小文枝だった頃です。
のどがかゆくなるような、べんちゃらとお世辞を並べる太兵衛と、それを真に受けて?いい気持ちになっている猿後家さんはどっちもどっちなので、笑っていられるのでしょう。
小文枝は二人のいやらしさをおかしさ十分に描いています。

この噺は元は東京の落語で、「お猿旦那」という題だったそうです。
下げは、木から落ちたサルと言いかけ、木から落ちたネコでございます。と言い直すものです。

最後に「ひひ」に似ていると言ってしまった太兵衛さんはまたしくじったのでしょうか。「サル」ではないのでいいような気もしますが、やっぱりダメで後家さんは烈火のごとく猿顔をもっと赤らめて怒ったことでしょう。

この噺には日本と中国を代表する美女四人が登場します。
小野小町楊貴妃はおなじみです。照手姫と衣通姫について、三省堂の大辞林には、
照手姫は、「説教節などに登場する伝説上の人物。横山郡司の娘。小栗判官の恋人。餓鬼の姿で地獄から戻った小栗を車に乗せ、熊野本宮に届けて結ばれる。」

衣通姫は、「記紀に登場する伝説上の女性。その名は、容姿が美しく、艶色が衣を通して光り輝いたことによるという。古事記には、允恭天皇の皇女、日本書紀では允恭天皇の皇后の別名とされる。」

大津絵(の藤娘)は、「歌舞伎舞踊。ふすま・掛軸から大津絵の人物が抜け出して踊るという趣向。現在も「藤娘」「座頭」「鎗奴」などがある。」


桂文枝(5代目)の『猿後家【YouTube】


猿沢池から興福寺五重塔

高津宮の五代目桂文枝之碑



演目表(1)へ    表紙へ    次頁へ