「洒落小町」


 
あらすじ 「がちゃがちゃのお松」とあだ名される騒々しい女房。亭主の留さんが近ごろ、穴っぱ入りして家に寄りつかないと、横丁の隠居に相談に来る。
隠居は「お前がうるさ過ぎて、家が面白くないので亭主が穴っぱ入りするんだ。昔、在原業平が、河内の生駒姫の所に毎晩通ったが、妻の井筒姫は嫌な顔一つもしたことがない。ある嵐の晩、さすがに業平が行くのをためらっていると、こういう晩にこそ行かなければ不実と思われるから、無理をしても行ってくださいと言う。あまりの物分りよさに業平は不審に思い、出掛けたふりをして庭に隠れて様子を伺うと、縁側の戸が開き、井筒姫が琴を弾きながら、”風吹けば沖津白波たつ田山夜半にや君が一人越ゆらん”と悲しげに歌を詠んだ。それに感じた業平は河内通いを止めたという故事がある。歌の力はたいしたもので小野小町は歌で雨乞いして雨を降らせたという。お前は亭主が帰ったら歌は無理でも、優しい言葉の一つも掛け、洒落の一つも言ったら亭主はきっと外に出なくなる」と諭した。

 早速、お松は家に帰った留さんを駄洒落攻めにする。「うるさい」と怒鳴る留さんに、「うるさぎうさぎ、何見てはねる十五夜お月様・・・・」なんて調子で追い打ちだ。留さんは調子のおかしいお松なんかには付き合っていられないと外へ出て行く。お松さんはここぞとばかり、後ろから井筒姫の歌のつもりで間違えて、「恋しくばたずね来てみよ和泉なる信太の森のうらみ葛の葉」と大声で叫んだが、留さんは行ってしまった。
話しが違うと隠居の所へ乗り込んだお松に、
隠居 「そりゃの歌だよ

お松 「それでまた穴っぱ入りに出かけたんだ」


     


 
「風吹けば沖津白波・・・・」は、『伊勢物語二十三段』の歌

在原業平ゆかりの地は『千早振る』に記載。

小野小町は日照り続きの雨乞いに、「ことわりや日の本ならば照りもせめ、さりとてはまたあめが下とは」と詠んだら雨が降ったので「雨乞い小町」と呼ばれるようになったとか。

「恋しくばたづね来てみよ・・・・」の歌は『天神山』に記載。


立川談志の『洒落小町【YouTube】



お穴さま(狐穴・王子稲荷神社)『王子の狐






表紙へ 演目表へ 次頁へ