「意地くらべ」

 
あらすじ 下駄屋のだんなの所へ八五郎が金を借りに来る。50円もの金は手元にないと断るが、借りると決めて来たのだから、貸してくれるまでここを動かないという。「無い袖は振れない」と言うが八五郎は、ある隠居から無利息・無證文・無催促で借りた金で、隠居は楽な時に返せばいいというが、1月(ひとつき)経ったら返そうと決めていたので何が何でも貸してくれという。いきさつを聞いた下駄屋のだんなは納得し、あちこち回って50円都合して八五郎に貸す。

八五郎は隠居の家に行き50円を返そうとするが、楽な時に返せばいいと言った金で、どう見ても楽にできた金ではないようだから、受け取れないという。八五郎は受け取ってくれまで帰らないというが、隠居はまごまごしていると木刀で頭をかち割るとおどす。

仕方なく八五郎は下駄屋に戻って金を返そうとするが、無理矢理作らされた金を今更受け取ることはできないといい、婆さんに薪割りを持ってこいという始末だ。婆さんは八五郎に無尽に当たった楽な金などと「嘘も方便」で、隠居への金の返し方を入知恵するが、嘘が大嫌いな八五郎には理解不能、拒絶反応だ。

困った八五郎は再び隠居の家に行く。無利息・無證文・無催促で貸してくれ、楽な時に返せばいいと言ってくれた情けの金は1月経ったら返さねばすまないと心に決めていたというと、隠居はそれならば1月経ったら受け取ろう、明日の昼ごろで1月だから、それまでは受け取れないという。八五郎は「それまでここに居座る」といい、隠居も「ここに座って動かない」で差し向かいだ。
隠居はお互い仇同士でもないのだから、一杯やりながら、すきやきでも食って明日まで座っていようと提案。むろん八五郎もOKだ。隠居はせがれを牛肉を買いにやり、二人は飲み始めるが、2時間経ってもせがれが帰って来ない。

心配した隠居が探しに行くと、道の真ん中でせがれが見知らぬ男と向かい合って立っている。どっちも相手がどくまでは動かないと強情だ。隠居も「どっち勝つか見届けてやる」と動かない。だが、腹をすかせて牛肉を待っている八五郎のことを思い出す。
隠居 「客人が腹をすかしているから牛肉を買いに行きな」

せがれ 「そんなことをすればあたしが負けになります」

隠居 「心配ない その間俺が代わりに立っててやるから」


      
 
「受け取れ」、「受け取れない」は『井戸の茶碗』、『三方一両損』と同じですが、この噺の登場人物は意地っぱりというより、『強情灸』のような悪強情でしょう。まともなのはちょっとだけ顔を出す、下駄屋の婆さんだけ。
柳家小三治の『意地くらべ【YouTube】




表紙へ 演目表へ 次頁へ