「軽業講釈」(東の旅F)

 
あらすじ 軽業小屋の隣はムシロ張、青天井の講釈小屋で、立錐の余地のない大入り満員だ。
出てきた長髪で刀を差した講釈師の先生、始めは口を動かしてはいるが、何を言っているのか分からない。「・・・・・・・・・この度、当神社屋根替え正遷宮につき、わたくしをお招きにあずかり、厚く御礼を申し上げます」と挨拶し、「難波戦記」に入る。「慶元両度は「難波」の話。頃は慶長の十九年も相改まり、明くれば元和元年五月七日の儀・・・・軍師には真田左衛門尉海野幸村・・・・・」

(隣の軽業のお囃子の三味線、太鼓の音が大きくなる) 

講釈師の先生は、「軽業、軽業〜」と軽業小屋の男を呼びつけ、ドンチャン、 ドンチャンと囃されると、講釈がお客の耳に入らないから静かにしてくれと頼む。
男も承知してお囃子部屋へ行って注意して来るという。

講釈師は再び「慶元両度は「難波」の話・・・」と始めから語り出す。すぐにお囃子の音が高くなって響いて邪魔をする。講釈師の先生、「軽業〜軽業〜」とまた呼びつける。
軽業小屋の男は、「表が忙しくてお囃子部屋へ言うのを忘れていた、すぐに言う」と帰って行く。
一安心した講釈師の先生、「軍師には真田左衛門尉海野幸村、同名倅大助幸安・・・・」と続きから始めた。

さて隣の軽業小屋では口上言いの長口上から、早竹の寅吉の門人という「わや竹の野良一」太夫の綱渡りの曲芸が始まる。・・・・(このあたりは『軽業』で)・・・・「野田の古跡は下がり藤の軽〜る業、軽業〜!」で、お囃子の音も頂点に達した。

一方、講釈師の先生、「・・・・天地も割るる大音声(おんじょ〜)、やぁやぁ遠からん者は音にも聞け、近くば寄って目にも見よ・・・・」と声高々だが、如何にせんお囃子の音にはかなわない。またもや「軽業〜 軽業〜!」と呼びつける。
今度やって来た男は、「お囃子が大きい?こっちは囃子が命や、先生とこも商売かも知れんけど、こっちは命懸けの商売や。なに言うと んねん、この講釈師、貝杓子、お玉杓子」と強気だ。

怒った講釈師の先生、「軍記読みと申して帯刀を許 されておるのじゃ。この刀が目に入らんか」
男 「そんな 刀が目に入ったら、俺ぁ手品師するわ」
堪忍袋の緒が切れた先生、刀を抜いて男に斬りかかった。斬られたらたまらんと逃げ出した男を追って境内をグルグル。そのうちに男は門の外へ逃げて行ってしまった。
諦めて帰って来た先生にお客は、口も悪いけど足も早い男だ。先生が追 いかけて行っても追いつかなかったと慰める。

何も言うことがない先生 「お客さん、あれを称して「悪事千里を走る」と申すのじゃ」



        

真田十勇士(難波戦記)
九度山町HP』から



桂文枝(五代目)の『軽業講釈【YouTube】





表紙へ 演目表へ 次頁へ