「藁人形」  桂歌丸

 
★あらすじ★ 托鉢して小金を貯め込んでいる西念
千住の女郎屋若松の前で女郎のおくま(もとは糠屋の娘)に呼び止められる。父親の命日なので供養の経をあげてくれという。
供養のあと精進落しの酒、料理を振舞われる。
おくまは、堅気になり、絵草子屋でもやり、父親そっくりの西念を引取り面倒をみたいなどと話す。

数日後、若松屋の前へ行くとおくまが用事があるという。
おくまは、絵草子屋の掘り出し物が見つかったので、五十両貸してくれる所を探しているという。
おくまのおいしい話に乗り、西念は貯め込んだ三十両を渡してしまう。

雨が続き、西念は外へ托鉢に出られず、一文も無くなってしまう。
おくまの所へ二分ほど返してもらいに行くが、おくまは借りた覚えはないといい、西念が詰め寄ると朋輩と賭けをしたのだという。
小金を持っている西念から金を巻き上げることができるかどうかという賭けだ。
西念は怒っておくまの胸ぐらをつかむが、店の若い者に引きずり出され表へ放り出される。

それっきり西念は長屋に閉じこもり出てこない。
7日後に喧嘩で伝馬町の牢に入っていた甥の甚吉が訪ねてくる。
西念は小用に立つ時に、「そこにかかっている鍋の中を絶対に見るな」と行って外へ出る。見るなと言われ甚吉は鍋の中を見たくなる。
ふたを開けると。油の煮え立つ中に藁人形だ。
帰ってきた西念にいきさつを聞いた甚吉は、今すぐ仕返しに行き仇は討ってやるという。

甚吉 「昔から藁人形にゃあ五寸釘、なんだっておくまの胸へぶち込まねえんだ」

西念 「釘じゃきかねえ。やつはたしか、ぬか屋の娘だ」


         

 
★見聞録★ 昭和59年のNHKテレビ「古典落語選集」から収録しました。
笑点で活躍の桂歌丸です。笑いの少ない噺ですが、おくまが西念をだます場面や、鍋の中を甚吉に見られ、西念がいきさつを語るのを芝居がかった古今亭今輔系で演じるなど工夫しています。

西念は「黄金餅」にも登場する願人坊主の名です。ここでは、本名を安五郎といい、神田三河町(「大工調べ」の家主源六が住んでいた。)の生まれで、若い時は、「けんか安」と言われた暴れ者、遊び人だったとしています。
いくら年をとったとはいえ、おくまの嘘が見抜けないのはちょっと情けない気がします。
命の次に大切な金をそう簡単に渡してしまうでしょうか。
心配して訪ねて来る甥の甚吉もいるのに、年寄りには面倒をみてやるという言葉は、殺し文句なのかも。

藁人形に五寸釘を打ち込むのは、丑の刻参りです。
姿を人に見られず7日行えば、憎い相手を呪い殺せるという俗信です。
甚吉が訪ねて来たのが満願の7日目、鍋の中を見られて西念が怒り、がっかりしたのもうなずけます。

もちろん落ちは、「糠(ぬか)に釘」、効き目が無いということです。
この噺はこの落ちで、救われるというか、ひと安心という気分、ああ落語なんだなとホットします。
この後、甚吉が若松屋に乗り込んで行ったのか、西念は、おくまは、三十両はどうなったのかと考える人はいないでしょう。


古今亭今輔(5代目)の『藁人形【YouTube】

   伝馬町処刑場跡
中央区小伝馬町3丁目の十思公園の所。《地図

甚吉が入っていた牢屋敷があった。吉田松陰もここで処刑された。
   小塚原刑場跡の「首切り地蔵尊」(寛保元年(1741年)建立) 《地図

旧日光街道の「コツ通り」の西側。江戸から明治までここでの刑死者は20万以上という。

演目表(1)へ    表紙へ    次頁へ