「星野屋」  春風亭小朝

 
★あらすじ★
 星野屋の旦那に囲われているお花。旦那がやって来て、今日かぎり別れてくれと手切れ金を出す。
お花は旦那に、ほかに女ができて別れるくらいなら死ぬと言い出す。
旦那は面倒なことが起きて、星野屋の暖簾をおろし店をたたんで、死ぬのだと言う。
お花はそれなら私も一緒にと言ってしまう。

その夜、旦那が来て二人で心中に出かける。
いろいろ歩いたあげく、旦那は吾妻橋から身を投げる。
お花は飛び込まずそのまま家へ帰ってしまう。

夜遅く雨の中をお花の家へ、二人の仲をとり持った重吉がびっしょりになって駆け込んでくる。旦那の幽霊が枕元に出たというのだ。
旦那は毎晩幽霊に出て、一緒に死ぬ約束を破った薄情なお花をとり殺すと言っていたという。
お花は、びっくりし、怖がって何か幽霊の出なくなる方法はないかと重吉に聞く。
重吉はお花の髪を根元からぷっつりと切れば出なくなって助かるだろうと言う。お花は隣の部屋へ入り、髪を切って持ってくる。

それを見て重吉が呼ぶと旦那が入ってくる。
心中はお花の料簡をためす狂言で、一緒に飛び込めばすぐ助けて、店一軒でも持たせてずっと世話をする手筈だったという。
すると、お花はどうせそんなことだろうと思ったからかもじを渡したんだと言って、かぶっていた手ぬぐいをとる。

重吉 「昼間、旦那から三十両もらったろ。あれは旦那が座敷でもって芸者、たいこもちをあげて遊ぶときのにせ金なんだよ。一枚でも使ってみろ手が後ろに回るぞ。」

お花 「まあおっかさんにせ金だって。こっちへ持って来ておくれ。こんなもん持って行きゃがれ。」 と金を投げ出す。

重吉 「これは正真正銘、天下の御通金だよ。」

お花 「まあおっかさん、あれ本物の金だってさ。」

お花の母 「ああ、そう思ったから、三枚くすねておいた。」


     


 
★見聞録★
 平成6年にNHKテレビの「小朝亭」という番組での収録です。どのくらい続いた番組だったか忘れましたが、いつも最後に小朝の一席がありました。
小朝は女性、ことにお花のような女の演じ方は落語界随一ではないでしょうか。
旦那の顔色をうかがい、ちょっとずるくて色っぽい、計算高くてしたたかな女のお花の描き方が見事です。
身投げの名所の吾妻橋から隅田川に飛び込んだ旦那をほうっておいてそのまま帰ってしまうようなお花ですが、狂言心中でお花の料簡を試す旦那もいかがなものでしょう。
きっとほかに女ができて本当にお花と別れたかったのでは。

お花が飛び込まなかったからといって渡した手切れ金全部(三枚を除いて)を取上げてしまうのは酷でしょう。
お花のお母さんもどうせならもっとくすねておけばよかったのに。
まあこんなことがあっても、お花と旦那はよりが戻ってまた前と同じような暮らしに戻ったと考えることにします。

*かもじとは、「日本髪を結うとき、髪に添え加える毛。そえがみ。いれがみ」(三省堂大辞林)

桂文楽(8代目)の『星野屋【YouTube】



吾妻橋帰帆(隅田川八景・歌川広重)


現在の吾妻橋



演目表(1)へ    表紙へ    次頁へ