「いもりの黒焼き」  桂米朝

 
★あらすじ
 甚兵衛さんの家へ、喜ィさんが女子(おなご)が惚れるいい工夫はないだろうかと聞きに来る。

甚兵衛 「昔から、一見栄、二男、三金、四芸、五精、六おぼこ、七ゼリフ、八力、九胆、十評判てなことを言うなあ。この中で一つでもお前にあったら女に持てるてなもんや」と言って、一つ一つ喜ィさんに当たってみるがどれにも当たらない。

 喜ィさんは、評判の米屋の小町娘に惚れたという。甚兵衛さんは無理だからあきらめろというが、喜ィさんは何かいい工夫はないだろうかと今にも泣き出しそうだ。

甚兵衛 「惚れ薬、何がよいかといもりに聞けば、今じゃわしより佐渡が上」、なんて歌があるが、いもりの黒焼きでも使ってみるかという。オスのいもりの黒焼きを自分の身体につけ、相手にメスの黒焼きを振りかければ女子が惚れてくるというのだ。

 ホンマのいもりの黒焼きでなくては効き目がないというので高津の黒焼き屋に行く。買ったオスのいもりの黒焼きを自分の身体につけ、米屋の前で娘が出て来るのを待って、ぱっと振りかけた。

 運悪く、ちょうど風が吹いてきて娘にかからず店の米俵にかかってしまう。すると、高津のいもりの黒焼きの効果は抜群で、米俵が動き出して喜ィさんの方へやって来る。

 びっくりして逃げ出すが米俵はどこまでもついて来る。家に飛び込んで戸締りをしても戸を破って入ってくる。甚兵衛さんの家に逃げ込むが、ここでも戸を破って入ってくる有様だ。

 またも逃げ出すが米俵は後ろからヒョッコヒョッコとどこまでも追いかけてくる。

通行人 「お〜い喜ィ公、何をフーフー言いながら走ってんねや」

喜ィさん 「あっはっは〜、ああ苦しい助けてくれ」

通行人 「何がそんなに苦しいねん」

喜ィさん 「飯米に追われてまんのやがな」
 収録:昭和60年
収録番組:不明


     

ナンセンス噺の傑作で、米俵に追われる喜ィさんの姿を想像すると愉快です。落ちの「飯米に追われる」(その日に食べる米代にも追われる苦しい生活)という言葉が理解されなくなり今はあまりやらなくなったと米朝は語っています。この噺の中でも意味を説明することなく演じています。短い噺で、前半の所に一から十までの「色事根問」を入れています。

「惚れ薬・・・・佐渡が上」は、根問の三の「金」(佐渡の金山)のことです。まあ今でもいいかげんな薬なんかより金が効くのに決まっています。いつでも「一金」でしょうか。

   高津宮(大阪市中央区)

高津の富」・「崇徳院」にも登場する。
   高津宮の絵馬堂

階段(相合坂、縁結びの坂ともいう。)下に「高津の黒焼き屋」(高津こぼれ話)があったそうだ。
   絵馬堂下の相合坂(縁結びの坂) 

横から見ると二等辺三角形で、男女が両側から同時に登り、頂点でピタリと出会うと相性が良いといわれている。
「縁切り坂」(西坂)は、『明石名所』(西の旅@)に出てくる。
   
源聖寺坂 《地図

高津宮の南の天王寺区下寺町にある坂の天王寺七坂の一つ。


53




演目表(1)へ    表紙へ    次頁へ