「百川」  三遊亭円生(六代目)

 
★あらすじ★ 葭町の桂庵の千束屋(ちづかや)の紹介で日本橋浮世小路の料亭百川(ももかわ)に奉公することになった田舎者の百兵衛さん。
二階で手が鳴り早速、用を聞きに行かされる。

 二階の客は魚河岸の連中だ。百兵衛さんが自分のことを「主人家の抱え人」と言ったのを、早呑み込み、早合点の初五郎が「四神剣の掛け合い人」と聞き違える。
去年の祭りで金を使いすぎて、祭具の四神剣を質に入れてしまってそのままになっているのを隣町から掛け合いに来たのだと早とちりしたのだ。
百兵衛さんを隣町の大物と勘違いし八五郎は、下手に出て、事情をよく呑み込んでくれといって、百兵衛さんにくわいのきんとんを丸呑みさせ帰す。

 下に戻った百兵衛さんが大きなくわいを呑み込まされ、柱にもたれて涙ぐんでいると二階でまたお呼びの手が鳴る。
二階へ上がった百兵衛さんを見て、河岸の連中もやっと店の奉公人だと分かる。連中は、百兵衛さんを長谷川町の三光新道の常磐津の師匠の歌女文字(かめもじ)を迎えに使いに出す。

 途中で名前を忘れた百兵衛さんは、「かの字がつく名高い人」と聞いて歩き、鴨池玄林(かもじげんりん)という外科医者の家へ飛び込んでしまう。
取次ぎに出た者に百兵衛さんが言うには、「河岸の若い方が、今朝(けさ)がけに4,5人き(来)られやして、先生にちょっくらおいでを願えてちゅうでがすが・・・」
取次ぎ人はこれ聞き違え、鴨池先生に、「若い者が、4、5人袈裟がけに斬られた」と取り次いだ。
先生はまた喧嘩だと思い、手遅れになるといけないから卵を20、焼酎を1升、白布を5,6反用意するように言いつけ、百兵衛さんに薬籠を持たせて先に帰した。

 百川へ帰ると、河岸の連中が薬箱を見て三味線を入れるにしては小さすぎるし、百兵衛さんのいう、手遅れ、卵、焼酎、白布、見舞いに行く、などの意味が分からないでいると、またもや早呑込みの初五郎ががこじつけて、もっともらしいことを言い始める。

 そこへ鴨字先生が上がってきた。
「怪我人はどこにおる」
「なにか、お門違いでは」
「「いや、門違いではない。薬籠が来ておる」 
なんてやり取りがあるうちに、百兵衛さんが間違えたことだと分かり、連中は百兵衛さんを呼び出す。

河岸の客 「手めえぐれえ間抜はねえや、抜け作」

百兵衛さん 「抜けてる? どれくれえ抜けてますか?」

河岸の客 「てめえなんざ、みんな抜けてらい」

百兵衛さん(指を折りながら) 「か・め・も・じ・・・か・も・じ・・・いやたんとではねえ、たった一字だけだ」



         


 
★見聞録★ この噺は実話とも、百川の宣伝用に作られたとも言われていまが、よくできた噺です。
百兵衛さんと河岸の連中、ことに初五郎とのやりとりが笑わせます。さらに、使いに出された百兵衛さんの行動が入り、この噺の幅を広げています。
そして、百川に戻り鴨池先生の登場でサゲとなります。
円生ならではの大きな、難しい噺でしょう。

*四神剣とは四方をつかさどる四神、「青竜」(東)、「白虎」(西)、「玄武」(蛇が巻きついた亀)(北)、「朱雀」(南)の旗がついて先が剣になっている祭り道具。キトラ古墳の石室に四神が描かれてします。

*百川は、江戸から明治時代の初めまで続いた懐石料理屋。
幕末のぺリー来航の時、ここの料理を江戸城に運ばせてもてなし、その時の費用が千両だったといいます。

*葭町の千束屋は、落語によく登場する桂庵(口入れ屋・職業紹介所)で、葭町はのちの日本橋芳町(人形町1丁目、3丁目)で桂庵が並んでいた。  『引越しの夢』・『化け物使い

古今亭志ん朝の『百川【YouTube】

   百川があった日本橋浮世小路

日本橋室町2-2と2−4の間、三越本店の斜め向い。
浮世の名は、湯女風呂があったとも、浮世ござの店があったからともいう。
   浮世小路にある福徳稲荷。この辺に百川があったという。
   長谷川町三光新道(日本橋堀留町2-1)

元吉原の北隣の町で、古くは禰宜町といったが、吉原が千束(新吉原)へ移ってから長谷川町となった。表通りには化粧品屋、菓子屋、呉服屋などが並び、横丁には浮世絵師、版木彫師、裏店(うらだな)には通い職人、居職人などが多く住んでいた。『天災の心学者の紅羅坊名丸『派手彦』の踊りの師匠の坂東お彦などの落語文化人の居住区。
   三光稲荷神社(表通りから入った奥の左側)

古くから娘、子供、芸妓等の参詣者が多く、鼠除け、失せ猫探しに霊験あらたかで、境内の猫の置物は猫が無事に帰ったお礼に建立、奉納された。
   日本橋北詰にある魚河岸発祥の地の碑と乙姫様の像。
   上に高速道路が通る日本橋



演目表(1)へ    表紙へ    次頁へ