「お祭り佐七」


 
あらすじ 元久留米藩士の飯島佐七郎は武芸にすぐれ、しかも美男子。女にもて過ぎたため、家中の妬みを買って讒言、流言を受けて侍が嫌になり浪人となって家を飛び出し、父親が世話したことがある芝神明町火消、め組の頭(かしら)の清五郎の家に転がり込んでの居候の身。

 もともと火事が大好きで、清五郎に火消しにしてくれとせがむが、火消なんぞは武士のやる仕事ではないと、にべもない返事で断られ続けている。それでも佐七郎は頭のところの若い火消とは仲が良く、人気もあり、みなから一目置かれている。

 ある日、若い連中に誘われて品川宿の遊郭に遊びに行く。散々飲み食い、遊び過ぎて勘定が四両三分も足らなくなってしまった。佐七郎はみなを先に帰し、一人で居残りをすることになった。

 頭は二、三日、佐七郎の姿が見えないので、若い者たちを呼んで品川でのいきさつを聞く。若い者に小言を言って、勘定を持って迎えにやろうとしていると、佐七郎が雑巾をぶら下げて帰って来た。

 左七郎は遊郭の廊下の雑巾がけを買って出て、そのままとんずらして帰って来たと言う。佐七郎は油臭い行燈部屋に押し込められ、白粉と垢だらけの湯にしか入ってないのでさっぱりして来ると湯屋に出掛けた。

 若い連中は頭に、佐七郎を是非とも火消しにしてくれと頼む。
若い者 「佐七の旦那は優男に見えやすが、さすがは元は侍で、この間、町内の米屋の四紋竜という仇名の大男の暴れ者をからかって、四紋竜が怒って殴りかかるところをひょいとかわして、肩にかついで投げ飛ばした。四紋竜は金物屋を通り越して、その向こうの砂糖屋まで飛んで行って砂糖漬けになっちまった。見物人はいい気味だ。四紋竜のやつ、砂糖漬けになりゃあがった。ほんとに甘え野郎だって、やんやの喝采。佐七の旦那は、四紋竜を引きずりだして、エイッと鯖(さば)を入れやした」

頭 「何だ、サバってのは?」、横から、「鰹(かつお)だろ」

若い者 「ああ、そうそう、鰹・・・活を入れたんで。気がついた四紋竜に佐七の旦那がもう一丁もんでやろうかと睨んだら、四紋竜のやつ、尻尾丸めてすごすごと逃げて行っちまった。佐七の旦那は金物屋へ放り込もうと思ったが、あすこじゃとんがったもんがあって、顔でも破くといけねえから、砂糖屋へ放り込んだのよ。相手が乱暴な野郎だから、砂糖漬けにしたのは正当(精糖)防衛だって笑っていやした」

 頭はまだ佐七郎が火消しになることを許さなかったが、女たちがみな振り返るほどの男前で、木遣りなんかも上手く、となるとあちこちから声が掛かって、どこの祭でも佐七郎の姿が見えたことから「お祭佐七」と呼ばれるようになった。


  
        

三遊亭圓生の『お祭り佐七【YouTube】




芝大神宮
祭礼は11日間も続く「だらだら祭り」(生姜祭り)

「芝大神宮」  

飯倉神明宮(江戸名所図会)



590(2017・12)




表紙へ 演目表へ 次頁へ