「城木屋」  三遊亭円生(六代目)


 
★あらすじ★ この噺は「評判娘」、「伊勢のつぼやの煙草入れ」、「東海道五十三次」の三題噺です。
 日本橋新材木町の城木屋の娘お駒は非の打ちようのない美人の評判娘。それに引き換え店の番頭の丈八は四十を越えた醜男。この丈八がなぜかお駒に惚れてしまった。色目を使ったりするが、お駒はまったくの無関心、無頓着。無愛想だ。
ついに丈八は艶書をお駒の着物のたもとへ忍ばせるが、お駒の着物をたたんでいた母親のおつねに艶書が見つかってしまう。
おつねからきびしく叱られ、この噂が店中にも広がり丈八は店にいたたまれず、店の百両を持ち出し上方の方へ逃げ出してしまう。

 丈八はしばらくして上方から府中(駿府)、江戸へと戻って来る。
お駒が近々婿を取ると聞き、いっそお駒を殺して自分も死のうとお駒の寝所に忍び込む。あいくちでお駒の胸元を突こうとしたがお駒が寝返りをうち狙いがそれ、気づかれ、泥棒と騒がれて逃げ出す。
あわてて愛用の狼の上あごの根付けのついた伊勢のつぼやの煙草入れとお駒への思いの歌を書いた短冊を落としていき、それから足がついて召し捕られてしまう。

 丈八を取り調べるのは名奉行の大岡越前だ。越前から事の始まりはと聞かれ、
丈八 「そもそも国の始まりは大和の国。郡(こおり)の始まりは宇陀の郡。島の始まりは淡路島。寺の始まりは橘寺。棒の始まりは鹿島、香取。香取とは香(にお)い取る、棒は木辺に奉ると書く」と棒使いの口上を並べ始める。

越前 「控えろ、そうではない。駒の始まりを申せという」

丈八 「そもそもコマの始まりは菅相丞(かんしょうじょう)菅原道真公、筑紫博多の島へご流罪のおり・・・・何ぞよき慰みやなきやとお尋ね・・・梅の古木を切り刻みこれに金の心棒をつけ、コマと名づけて差し上ぐる。・・・・七日七夜回ったとあるが手前のコマは左様には回らん。明けの六つから暮れの六つまでは回る。これを名づけて日暮しのコマ・・・・」と、今度は松井源水独楽(コマ)回しの口上を言い立てる。

越前 「控えろ、そうではない。駒に恋慕の始まりを申せ」と、「娘子を駿河細工と思えども駕篭の鳥にて手出しならねば」と丈八の書いた短冊を突きつける。

丈八 「白状申し上げます。もとはと言えば東海道五十三次から出ましたことでございます。はじめお駒さんの色品川に迷い、川崎ざきの評判にもあんな女子を神奈(かんな)川に持ったなら、さぞ程もよし保土ヶ谷と、戸塚まいてくどいても首を横に藤沢の、平塚の間も忘れかね、その内大磯、こいそとお駒さんの婿相談、どうぞ小田原になればよいと、箱根の山にも夢にも三島、たとえ沼津、食わずにおりましても吉原、いまいましいと蒲原立てましても、口には由比かね、寝つ興津江尻もじりいたしておりましたわけでございます」 

越前 「東海道を巨細(こさい)にわきまえおる奴。してその方の生れは」

丈八 「駿河の御城下で」

越前 「不忠(府中)ものめ」


           
     東海道五十三次「箱根」(歌川広重) 

                    

 
★見聞録★ もとは人情ばなし「白子屋政談」で、新材木町稲荷新道の白子屋の美人娘お熊の事件がモデルのようです。
落語と違いお熊は悪女で大岡越前の裁きを受け小塚原で処刑されました。処刑の日には黄八丈の小袖を着ていたそうです。

落語の主人公は丈八。黄八丈を反対にした名で登場しています。下げの所で生国は駿河(静岡県)だと言っていますが、円生は丈八を大阪弁で演じています。
この男はお駒への思いも通ぜず、お駒を殺そうとして自分も死のうとして果たせず、現場に多くの証拠品を残して行くような間抜でドジな中年おやじで、なんだかおかし味と哀れさを感じさせる男です。
コマ回しや、棒使いの口上、東海道五十三次を織り込んだお駒への恋慕のくだりやお駒への思いを和歌に詠むなど、なかなか器用なところもあります。
材木屋の番頭なんかより講釈師にでもなったほうがよかったのでは。

三方一両損」に続いて大岡越前が登場しますが、丈八のとぼけたような言い回しに振り回されているようで、下げのところでやっと面目を保ったという感じで、いつもの名奉行の裁きぶりはありません。
丈八にどんな裁きを下したのでしょうか。お駒殺しは未遂に終わったのですから、死罪でなく八丈島に流罪にしたのでは。そうすれば丈八の名前にも、白子屋お熊の黄八丈ともつながって面白いと勝手に想像してみました。

城木屋があった「日本橋新材木町」は、中央区堀留1丁目で稲荷新道は椙森神社の南側の通り。

*「伊勢のつぼやの煙草入れ」 伊勢神宮の神域では獣の皮の持込みが禁じられていたので、紙で皮に似せて作ったつぼやの煙草入れが伊勢参りのお土産として人気があった。
「夕立や 伊勢のつぼやの煙草入れ 古なる光る強いなり(雷)」太田蜀山人

棒使いの口上に出てくる」
*宇陀の郡は、今の奈良県宇陀市。古代の史跡が多く残るところ。

橘寺は、奈良県明日香村の聖徳太子生誕の地に建てられた太子建立七大寺の一つ。

*鹿島は鹿島神社、香取は香取神社で、棒使いとは「棒術」のことでしょう。「鹿島神流」・「香取神道流」があります。

「コマ(独楽)回しの松井源水
先祖は富山の薬「反魂丹」の製造、販売の家で全国を売り歩く時になぐさみとしてコマを回していた。江戸時代、大岡越前から香具師の元締めとしての役目をもらう。今でも「源水独楽」という形、呼び名がある。大岡越前の名が出てきて落語と時代も合っているようだ。

菅原道真とコマの由来」についてはよく分からない。配流地の大宰府で独楽回しでうさを晴らしたという話でもあるのだろうか。「博多独楽」というのがあるが。

東海道五十三次は江戸(日本橋)と京の三条大橋までの東海道までの53の宿場。この落語では1番目の品川宿から19番目の府中宿(駿府)まで登場する。『東海道』(坂道散歩)


桂歌丸の『城木屋【YouTube】


   日本橋新材木町(中央区堀留町1丁目の椙森(すぎのもり)神社の南側)

城木屋があったところ。元和年間(1615〜24)から材木商が住むようになった。新は江戸橋の本材木町に対して。
   椙森神社 《地図

落語「富久」に出てくる神社。境内に「富塚」もある。
   伊勢の壺屋の煙草入れ
(革製の模倣品・松阪市立歴史民俗資料館に展示)

本物は擬革紙製でも丈夫で、皮のような風合いを出していたようだ。伊勢街道沿いには「壷屋の煙草入」の店がたくさん並び、参宮者の土産として好評だったという。

たばこと塩の博物館』(渋谷区)

   駿府城巽櫓



演目表(1)へ    表紙へ    次頁へ